黄色いドカと青いドカ YELLOW DESMO and MK-3

arata350.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 02日

ちょっと整備2

さて今回の整備ネタでポイントの画像を見たCさんからアドバイスを頂いた。
CさんはラリーでCB125にドリームタンクを載せたバイクで参戦されている方で、CB125ではいつも色々なアドバイスをくださる。
ポイントの状態があまりにも酷かったので、先ずは外してカム面の錆び落とし、それからフェルトはしっかりと洗浄してグリスを塗り込むようにとアドバイスを頂いた。
今日は夕方迄時間があったので早速整備の続きをする。
先ずはポイントベースを外すと中はこんな有様。
これは酷い!
d0106812_16532519.jpg

赤錆のようなものが全体を覆っている。
ガバナーを外して状態を確認。
カム面はサンドペーパーで面研する。
d0106812_16492644.jpg

面研後、決して充分な仕上がりではない。
本来は番手を変えて奇麗に仕上げたい所。
全体をCRCで洗浄して錆を落とした。
d0106812_165935100.jpg

ポイントベースのフェルトを外して灯油で洗浄。
d0106812_1701382.jpg
奇麗になったフェルトにグリスを塗り込んで油分を補給する。
d0106812_1702570.jpg

今日は都民の日、小学校が休みらしく姉貴の3番目の生意気な娘が朝から静かな我家に奇襲を掛けてくる。
私もやりたいというのでねじ回しを貸す。
d0106812_16494545.jpg

その後ポイントギャップを調整するが、7000回転での咳き込みはギャップをコンマ4にすることで解消されるよとこちらもCさんにアドバイスを頂いていたので調整。
こんなもんかな〜と適当にギャップを取っていたのだが、工具箱の中からシクネスゲージが出てきたのであててみると、まぁ感覚というのはいい加減なものである。
ちなみにコンマ3だった。
早速乗ってみると、いやぁ〜調子のいい事!
やはり自分で整備するのは面白い。
[PR]

by arata350 | 2010-10-02 10:19 | CB90


<< イタリア車だけの部品交換会      ちょっと整備 >>