黄色いドカと青いドカ YELLOW DESMO and MK-3

arata350.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 24日

チェーン切れの検証

さて、バイクを回収後チェーン切れの原因を検証します。
切れたチェーンを外そうと引っ張ったのですが、どこかに引っかかって外れません。
d0106812_14211958.jpg
カバーを外すとご覧の通りで、引っかかったチェーンがケースの一部を破損していました。
チェーンを元に戻して取り付けます。
d0106812_1430373.jpg
スプロケット周囲はチェーンで削られたりしていますが、大事には至らずでした。
しかしタイヤを回転させるとまだチェーンケースに当たってガラガラ異音が出ます。
d0106812_1421521.jpg
チェーンケースを外すと、引っかかった部分がめくられて歪んでしまっていました。
これではダメです。
叩いて戻して異音は収まったのですが、別の事が気になります。
チェーンアジャスターです。
調整して後ろからバイクを見ると、タイヤがかなり右に傾いているのです。
最初はフェンダーが曲がっているんだろうと思っていたのですが、よくよく見てみるとフェンダーは丈夫でこんな曲がり方はしません。
そしてチェーンアジャスターを外してみたら、これは酷いです!
d0106812_14222040.jpg
こんなもの機能するわけありません。
CB50か何かのアジャスターの穴を広げて使っていたのでしょうか?
結局これを信用して調整していたので、元からチェーンラインが狂ってしまっていたのです。
もしもあの時、チェーンケースを外してしまえば、トラブルに合わなかったかもしれません。
チェーンアジャスターは注文済み。
回収の際、前輪を外したのでブレーキシュー等をチェックして必要な部分にグリスアップ。
キーキー言わなくなって快適になりました。
d0106812_1424558.jpg

それにしてもあのアジャスター。
過去に2回、足立区のナップスと、ホンダドリーム千葉中央店でタイヤを交換していますが、そこのメカニック達は何も気付かなかったのでしょうか?
[PR]

by arata350 | 2009-03-24 14:10 | CB90


<< さて明日は、      テスト走行 >>