黄色いドカと青いドカ YELLOW DESMO and MK-3

arata350.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イエローデスモ( 32 )


2009年 07月 21日

デスモエンジン分解

先週SSさんを訪ねてデスモエンジンの腰下分解を見せて頂きました。
村山さんはマッハ1タンクのレストア中でした、作業をしながら工場に置いてある興味深い物を拝見。
d0106812_184994.jpg
レストアされたパリラ、その後には大きな前輪が特徴的な自転車が置いてある。
もう随分昔になりますが、近所でこの自転車が走っているのを見て驚いたのを覚えています。
村山さんが「乗ってみるかい?乗った奴こけて鎖骨折ったけどね〜」と言うので遠慮した。
海外出張から戻られて、向こうで入手したバイクや部品達が追っかけでコンテナで到着したそうだ。
d0106812_192191.jpg
最近は自転車に興味があるのだそう、パリラにの手前にBSAの自転車が置いてあった。
d0106812_19512.jpg
いい雰囲気である。
さらにコチラはアグスタのワークスレーサーだった方が所有していたというCZ100?
d0106812_1102212.jpg

完全なオリジナルだそうです。
既に嫁ぎ先が決まっているのだとか。
d0106812_1105094.jpg
タンクはスポーツカブのタンクなんですね〜。
さてタンクのコーティング処理を終えて僕のデスモエンジンの分解です。
d0106812_1112046.jpg
シリンダー、ヘッドは分解済み。
こちらはいずれ詳細をお伝えしようと思います。
分解は事務所の奥にある工場で行います。
エンジンを抱えて持って行くと、作業台にはレストア中の750Sがカバーを掛けられていました。
d0106812_1114660.jpg
この雰囲気、良いですね〜。
さて腰下分解は30分程で完了しましたが、ケースを分解すると中の惨状が露になりました、鉄粉の量の凄まじい事。
d0106812_1121054.jpg
d0106812_1124021.jpg

先ずベベルギアが破損し、その鉄粉が中を回って結果的にクランクやコンロッドに悪さをしたようです。
こちらのエンジンは今後の事を考えて、Lツインエンジンに付いている様なフィルターシステムを装着する予定です。
それによって、オイル交換サイクルをある程度延ばせると共に、エンジン自体の寿命を長く保つ事が期待出来ます。
ケースは洗浄に回され、部品の調達と各部部品の調整が出来た後、エンジン組み立てに入ります。
[PR]

by arata350 | 2009-07-21 01:55 | イエローデスモ
2009年 03月 11日

イエローデスモ

タイトルのドカ達が、なかなか出てこない状態で残念な事です。
先週の土曜日なんですが、団子坂を降りて忍ばず通りとぶつかる交差点で、イエローデスモに遭遇しました。
到底写真に納める状況ではなくて、おお〜!と思っているうちに谷中方面からやって来たバイクは交差点を右折して走り去って行きました。
白いジェットヘルメットを被った男性は、まだ出逢った事のないオーナーでした。
こんなに近場で見ると凄く驚きます。
一体何台のシングルが走れる状態にあるのでしょうか?
d0106812_1425357.jpg

[PR]

by arata350 | 2009-03-11 01:43 | イエローデスモ
2008年 10月 02日

イエローデスモ

先週のお話。
軽症で済んだMK−3を片付けて明らかに重傷と思われるイエローデスモに着手する。
村山さんの御指導を受けながら自分でエンジンを修理してみようという事に成って、とりあえずエンジンを降ろす事にした。
エンジンの下にジャッキを噛ませて、チェーンを外し、ケーブルを外す。
d0106812_14214918.jpg
作業しやすくする為にタンクも外す。
ケーブル類やハーネス類、チェーンを外し終えていよいよボルトを取り外す。
d0106812_14162644.jpg
d0106812_1495097.jpg
外されたエンジン。
エンジンのなくなったバイクは流石にスカスカである。
d0106812_1412283.jpg

キャブレター、外したケーブル類は紛失しない様にフレームに紐で縛り付けておく。
d0106812_14105038.jpg

さて心臓のなくなった本体を村山さんにお借りしたトランポに載せて自宅へ。
工場に戻って来るとエンジンは既に作業台に固定されて、オイルが抜かれていた。
d0106812_14134258.jpg

この作業台は作業効率が良い様に色々と工夫されている。
エンジンの下側に808という数字が刻印されていた。
d0106812_14141395.jpg

反対側にも同じナンバーがある。
4本のボルトを外してヘッドを外す、気になっていた中の状態がいよいよ明らかになる。
ぱっと見もの凄く凄惨な状況ではない様に見えるが、燃焼室内にも細かい鉄粉が見られる。
村山さんがシリンダーを覗いてシリンダー内を指でなぜた、そして「あぁ〜〜、ダメだ、、。」

シリンダーを抜くと、見るも無惨なピストンが現れた。
d0106812_14151497.jpg

無数の線傷が一面に走っている。
d0106812_1415387.jpg

さらにコンロッドはガタガタ、クランクはロックしてほとんど動かなくなっていた。
原因は摩耗してボロボロになったベベルギアにありそう。
2年前オーバーホールして頂いた時にベベルギアが欠品、とりあえず入荷迄古い物を使用していたのだが、調子がいいので乗り続け、結局ギアが入荷後も交換せずに乗り続けたのが仇になってしまった。
僕のデスモのケースは最後期の物で、在庫しているベベルギアはどれも合わなかったとのこと。
さすがの村山さんも最後期のケースを見たのは今迄で数回程だとか。
クランクを支えるベアリングの径が大きくなったり、部分的にケースの厚みを増して強度を高めたりと、シングルのエンジンも少しずつ改良が加えられていたようである。
とりあえず本日はここ迄、来週から村山さんが海外に出張のため続きはそれ以降になる。

いずれは自分のバイクを自分で直せる様になりたいから、村山さんが自分でエンジンやってみるかい?と提案してくれた時はほんとに嬉しかった。
前回イエローデスモがエンジンブローした際は酷く落ち込んだが、今回はエンジンブローが素晴らしい機会を作ってくれたと思っている。
どれくらい時間がかかるかわからないけれど、新しい事を体験出来る事がとても楽しみである。
d0106812_15584851.jpg

[PR]

by arata350 | 2008-10-02 19:30 | イエローデスモ
2008年 06月 20日

イエローデスモ

さて、先日夜に何が起きたのか?
プライマリーギア交換のためSSさんへ午後8時半に着くように家を出発。
自宅を出て本郷通り、東大赤門前で唐突にエンストした。
最近しばらく乗っていなかったのでまぁこういうこともあるかなと気を取り直してエンジンを掛けなおすが、それから僅か数100メートル先の本郷三丁目の交差点で今度は走行中にエンストして、ホイールがロックした。
このエンストはちょっとただごとではないぞ!と思った。
嫌な予感がする、路肩に止めてキックすると、なんと、キックが降りない!クラッチを切るとキックが降りるのだが。
試しに押し掛けにトライするが掛かりそうにない。
何度か押し掛けするうちにキックが降りるようになったので、エンジンを再始動させて乗ったのだが、、、、、、。
今度は御茶ノ水駅前でエンジンからガチャンガリガリ、という音がしてエンジンストップ、もう何もかもが終わったと思った。
取り合えずSSさんに連絡を入れる。
車を借りて運ぶしか方法がない、日本レンタカーに連絡するとラッキーなことに昌平橋に営業所があって、しかも軽トラが一台これから使えるというのである。
バイクをそこまで押していき、軽トラを借りた。
急いで帰宅してバイクを積み込む準備をする、ところが、タイダウンロープがいっくら探しても見つからない。
もう暫く見ていないし、使ってもいない。
物で溢れ返る我が家でそれを見つける事はかなり困難な事なのだ。
適当に使えそうなロープを持って出発。
営業所に到着してさっさとバイクを軽トラに載せるのだが、やっぱり持ってきたロープがプア過ぎてどうにもならない、すると積み込みを手伝ってくださった営業所の方が積荷用のロープを貸してくれた。
ありがたい、本当に助かった。
営業所の方は若い頃にSRに乗っていたそうで、ドカティのシングルは憧れの存在だったそうである、彼にとってはこんな形で実車を目の当たりにする事は想像もしていなかったろう。
営業所の方に見送られて人通り絶えない夜の街をゆっくりとSSさんへ向かった。
結局SSさんに到着したのは23時近くだった。
Mさんはモーガンのホイールをペイント中だった、Mさんには朝も昼もないのだ。
さてバイクを工場に入れて早速クラッチ側を開けてみる、カバーをはずして最初に気になったのが異様にメタルが混じった真っ黒なオイルである。
今までこんなにメタリックなオイルになった事はない。
そしてクラッチ側には何も問題がなさそうである、今度はベベルギアを見てみる、するとベベルギアの歯がボロボロになっていた。
これが原因か?
オイルたまりに磁石を入れると盛大に鉄粉が付いてきた、いずれにしろエンジンを下ろすことになってしまった。
こうなる前にどういう症状が出ていたのか?
まず何かを叩くような音がしていたが、それがここ100キロ位でかなりやかましい音になった。
さらになんだかゴロンゴロンという音。
いろいろな音がしていたのだが、やはり早めに手を打たなければならなかったのだ。
SSさんの工場は僕のイエローが入って一杯になってしまった。
さて、気になるエンジンはどのような状態になっているのだろうか?
つづく
[PR]

by arata350 | 2008-06-20 10:34 | イエローデスモ
2008年 06月 19日

6月19日 深夜

あれ?
d0106812_2372652.jpg

あれれ〜?
d0106812_237465.jpg

デスモ入院、、、、、、。
d0106812_23879.jpg

どうなる?スーパーラウンドラリー。
d0106812_2382742.jpg

[PR]

by arata350 | 2008-06-19 02:39 | イエローデスモ
2008年 05月 27日

SSさんへ

仕事が昼過ぎに終わり、イエローデスモの件でMさんに電話をかけてみました。
長い出張から帰国されていて、暫くぶりにSSさんを尋ねました。
電話でトラブルの症状を伝えるとイグニッションコイルだろう?とのことでややふかしめにアクセルを煽りながらSSさんへ向かいました。
なんとか到着、真っ赤なアグスタの市販レーサーMV SQUALOが出迎えてくれました。
よく見るとその先にはガーターフォークのノートンが止まっています、Mさんが出て来て「このバイク達は海外に行ってしまうんだ」と言いました。
ガレージをみるとさらに1台のレーサーが、チェコスロバキアのJAWAというバイクでした。トランポの中にも別のJAWAのレーサーが1台、国産のバイクはその昔皆このJAWAを参考にバイクを作ったのだそうです。
この一帯だけで果たして総額いくらになるのでしょうか?
画像をお見せ出来ないのが残念ですが、まるで博物館のようでした。
これらのバイクは全て海外へ帰って行きます、なんだかもったいないなぁと思いました。
Mさんは目の病気で手術をしたそうですが、元気そうで何よりでした。
イエローデスモはイグニッションコイル以外にも気になる点が一つあってそれを伝えた所、Mさんは聴診器の先端が細い管になったような物を耳に当てて、エンジン内の音を聞いています。
d0106812_20575167.jpg

どうやらプライマリーギアの歯がすり減ってしまったようで、交換が必要になりました。
d0106812_20495268.jpg

ラリー迄にプライマリーギアの交換をしないと、この状態で出走するのは無理でしょう。MK-3ではパワー不足だし、ラリーへはこのイエローデスモ以外考えられません。
とりあえずイグニッションコイルは純正で採用されている物と同形状の物に交換、症状が改善されました、良かった良かった。
d0106812_2058294.jpg

途中、Mさんがシングルを始めるきっかけを作ったという方が遊びにいらして、暫く色々な話をしました。
工場の中にはお客さんから預かっているというトラッカー風にカスタムされたスクランブラーが置いてありました。
このスクランブラー、フレームから何からエンジン以外ほぼワンオフ。
素晴らしい仕事がされています。これも残念ながら画像は掲載出来ませんが、これは色々な方に見て欲しいシングルだなぁと思いました。
シングルツーリングとか来てくれたら嬉しいな、、、。
現代風にアレンジされたシングル、オリジナルも素晴らしいですが、ここ迄徹底したシングルはなんだか恐れ入ります。
さてラリー迄また課題が出来ました。
というところで、また奈良へロケであります。
[PR]

by arata350 | 2008-05-27 21:03 | イエローデスモ
2008年 05月 21日

デスモその後

奈良から戻って今日は、午前中からある講演会の撮影をしていました。
午後は早々に帰宅する事が出来たので、やっぱり気になるデスモをいじる事にします。
d0106812_1832211.jpg
Mさんが帰国する迄にあれこれいじる事はやめましたが、やはりある程度チェックしてみようという事でまずポイントから見てみる事します。
ギャップが規定値の0.3より狭くなっていたので調整してエンジン始動、やっぱり駄目。
プラグを外して火花のチェック、問題なし。
プラグキャップを外してみると、コードの先端がドロリと溶けていました。
こいが原因?先端を切ってはめ直してみますが最初の状態の時から火花は飛んでいたからあまり関係ないでしょう。
案の定元に戻してエンジン始動しますが、やっぱり駄目。
コメントにもアドバイス頂いていましたが、錆というのも気になります。
そこでプラグコードも交換したいので、一度イグニッションコイルを外してみることにしました。
コイルを外すには10ミリのソケットレンチが必要で、ドイトに10ミリのソケットレンチを買いに行きます、ついでにバイク屋へ行ってプラグコードも購入して、さらにずっと気になっていた接点復活剤も買ってみる事にしました。
帰宅してせっせと作業に取りかかります、イグニッションコイルを外してはたと、プラグとコイルが一体式で外せない事に気づきました。
うぅ、最初に確認するべきだった。
コードの交換は諦め、アース線のチェックをすることにします、すると接点が腐食している物を発見しました。
d0106812_18323023.jpg

そこで先程購入したペンシル型の接点復活剤を試します。
とりあえずここ以外にもバッテリーの接点そしてヒューズの接点に塗布。
さらにイグニッションコイルを取り付けているフレームを、ステンレスのワイヤーブラシで軽く磨いて錆を落としました。
これで駄目ならもう諦めがつきます、これ以上の事は流石に手が出せません。
そしてとりあえずエンジンを始動してみると、おっ!なんだか調子が良さそうです。
まだ走っていないので何とも言えませんが、、、、。
ちなみに接点復活剤はご覧のような品で1700円と、何とも言えない微妙なお値段。
d0106812_19594429.jpg

[PR]

by arata350 | 2008-05-21 20:00 | イエローデスモ
2008年 05月 11日

やっぱし、

駄目。
アクセルオンでストール、信号待ちでストールの繰り返し。
自分でいじると深みにはまるだけなので、久々にSSさんへ行こうと思います。
シングルツーリング参加予定だった皆様今回は残念でした、やっと雨があがりましたね、皆さん何されていますか?
d0106812_153666.jpg

[PR]

by arata350 | 2008-05-11 15:06 | イエローデスモ
2008年 05月 07日

微妙な感じ

先日イエローデスモに乗って近所をぐるっと走った。
自宅を出て間もなくしてなんだか今一ふけが悪く結局失火、エンジンはすぐに掛かるのだけど暫くバッテリーをメンテナンスしていなかったので早々に帰宅してバッテリーを充電。
ところが、充電はすぐに完了した。
満充電状態だったのである。
とりあえず替えのバッテリーに付け替えてまた走行、暫くは何事もなかったのだけど今度は信号待ちでスタートした時にアクセルを煽ると失火するようになってしまった。
こいつもバッテリーか?とおもって充電してみると、やはり満充電状態であった。
う〜ん、嫌な感じである。
久々にポイントをチェックしてみる、少しギャップが広いか?
d0106812_1222347.jpg

プラグは先日交換したばかりなので特に問題はないはずだ。
ワイヤーの取り回しも確認したが問題なし。
イグニッションコイルがかなり高温になっている、う〜ん。
d0106812_1213956.jpg
CB350の物が取り付けてある。
とりあえず、ツーリング前にもう一回走行してみる事にしよう。
ポイントカバーには小さな穴があいている、この穴はポイント内の熱や湿気を逃がす役目をするそうなので、ゴムパッキンを切断してカバーの穴の部分を避けるようにしてシリコンで接着。
d0106812_1224768.jpg
d0106812_1225945.jpg

穴が下に来るようにして元に戻した。
さてさて、いざとなったらMK−3だけれど、やっぱりイエローデスモで参加したい所だ。
d0106812_1232418.jpg

[PR]

by arata350 | 2008-05-07 11:51 | イエローデスモ
2008年 05月 02日

ランプスイッチ

灯火類のスイッチ、何気なく使っている。
僕のイエローデスモはアプリリアのライトケースで、上から見ると左側にスイッチ、中央に赤のインジケータランプが二つさらにその中央に緑のインジケータランプ、そして右側にイグニッションとなっている。
これはMK−3も一緒。
d0106812_119599.jpg
イグニッションオンで左側のインジケータ点灯。
d0106812_116986.jpg
ライトスイッチオン左側、でライト点灯。
d0106812_1192338.jpg
ハイビームにするとインジケータの右側も点灯。
d0106812_1152599.jpg
ライトスイッチオフ、中央。
d0106812_116404.jpg
ライトスイッチ右側で、ポジション。わかりにくいけれど中央の緑のインジケータが点灯。
ちなみにMK−3はインジケータランプが接触不良か玉切れを起こしているため確認出来ず。
d0106812_11114321.jpg
さらにライトケースには前の人が黄色のペンON.Pと印をつけていた。
連休中は仕事三昧なので時間のあるうちに軽くバイクの整備を行った。
ついでにこないだテールをCEVに戻したままになっていたのでネジ穴をシリコンで封印。
どうせだったら、クリアーでやろうぜ、、、、。
d0106812_11135873.jpg

[PR]

by arata350 | 2008-05-02 11:15 | イエローデスモ