黄色いドカと青いドカ YELLOW DESMO and MK-3

arata350.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:画像の山から( 60 )


2010年 10月 26日

EUレポート No2

シルバーストーン村山さんから届いた画像です。
VSCC(ビンテージスポーツカークラブ)のイベントにて、興味深いクルマ達。
画像をお楽しみください。
d0106812_23163681.jpg

d0106812_23162214.jpg

d0106812_23155123.jpg

d0106812_23154215.jpg

d0106812_23152810.jpg

d0106812_2315148.jpg

d0106812_2315122.jpg

d0106812_23144614.jpg

d0106812_23142095.jpg
 
d0106812_2314976.jpg
 
d0106812_23135782.jpg
  
d0106812_23134468.jpg
 
d0106812_23132994.jpg
 
d0106812_23131215.jpg
 
d0106812_23124898.jpg
 
d0106812_23123386.jpg
 
d0106812_23122028.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-10-26 00:02 | 画像の山から
2010年 10月 12日

EUレポート

シルバーストーン村山さんからのお便り。
沢山の画像を送っていただきました。
"ドイツのホッケンハイムサーキットのクラシックイベントにRC174-6 MV500-3 Benelli-4の3台を持ち込んで参加してきました。
レースではないので、のんびりしたイベントでした。"
海外のクラシックイベント、いつかは行って見たいイベントが沢山あります。
d0106812_0291271.jpg
d0106812_0290100.jpg
d0106812_0375137.jpg
d0106812_0284024.jpg
d0106812_0282960.jpg
d0106812_0281694.jpg
d0106812_028270.jpg
d0106812_0275076.jpg
d0106812_0274036.jpg
d0106812_0271559.jpg
d0106812_0265595.jpg
d0106812_0264092.jpg
d0106812_026218.jpg
d0106812_0261163.jpg
d0106812_0255054.jpg
d0106812_0253729.jpg
d0106812_0252252.jpg
d0106812_025128.jpg
d0106812_0245871.jpg
d0106812_0242776.jpg
d0106812_0241325.jpg
d0106812_0235639.jpg
d0106812_0233916.jpg
d0106812_0232734.jpg
d0106812_0231490.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-10-12 11:30 | 画像の山から
2010年 09月 05日

Riding MK-3

先週、27インチのでかいMacを購入した。
OSは最新10.6.4が入っている、さらにマウスもキーボードもワイヤレスで何とも使い心地がいい。
新しいMacのおかげで、ソニーのデジカメの動画ファイルが開けるようになった。
ラリーの最中に試し撮りした動画をようやく見ることができて、最終日に一緒に走ったパオロさんの動画と画像を納品する。



目黒にあるドカティジャパンを訪ね、エントランスでY氏の名前を探していると「アラタさんじゃないですか!」と声をかけられた。
「郵送で良かったのに、ありがとうございます。」とY氏。
Y氏を見ると僕はどうしてもジョンマルコビッチを思い出してしまう。
Y師はラリーの途中で別れた後、パオロさんを中国に送り出すまでの苦労話をしてくれた。
今パオロさんは中国のどの辺りを走っているのか?Google撤退した中国からはGPSが機能せず情報が入ってこないらしい。
Y氏も毎年ラリーに熱心に参加されている、今年はシングルを購入されてラリーに参加と思われたが仕事の関係で来年へと持ち越しになってしまった。
「今キャブレターの調整中でね、エンジンが掛からないんだ」と、ビルの地下にある駐車場に案内された。
数台の現行のドカティに混じってシルバーショットガンが奥に一台止まっている。
キックをしてみるも、なるほど一向に掛かる気配がしない。
爆発はするのだがアイドリングしない。
もしかしたらキャブだけの問題ではないのでは?
11月に予定している、シングルツーリングにはなんとか間に合わせたいと言っていた。
[PR]

by arata350 | 2010-09-05 02:44 | 画像の山から
2010年 08月 22日

オリジナルは、はるかに乗りやすかった、

d0106812_1432950.jpg
3日目が終了後、イエローデスモで参加していたI藤さんのバイクに乗せていただいた。
オリジナルのイエローデスモ、外装はいい塩梅にやれているし圧縮もしっかりあって上死点出すのに結構力がいる。
いつかは欲しいノンレストア。
跨がって最初に感じたのは、なんと座り心地が良いことか!
ぺたぺたのシートに慣れたケツに、低反発枕のごときその感触はたいそう心地良い。
デスモがブローして2年強、もうすっかり元の感触は忘れてしまっている。
そしてハンドルを握ると、思っていた程前傾にならない事にまた驚いてしまった。
こんなにポジション楽だったっけ???
さらにマフラーは純正のシレンチュームが付いているのだが、これまたマイルドな音がなんとも耳に優しく、酷く疲れてはいるのだがまだ3区間は走れそうな気分にしてくれる。
こんなに乗り心地が良かったのかぁ、、、。
今回は色々な事の再発見だった。
来年はなんとか自分のデスモを直して、ラリーに挑戦したいと思った。
[PR]

by arata350 | 2010-08-22 23:48 | 画像の山から
2010年 08月 16日

残暑お見舞い申し上げます。

d0106812_1859268.jpg

暑いですね〜、皆さんお元気ですか?
[PR]

by arata350 | 2010-08-16 23:00 | 画像の山から
2010年 05月 28日

ムルティストラーダ1200発売記念パーティ

来月日本に導入される新車、ムルティストラーダ1200の発売記念パーティに行ってきた。
今年はイベントの取材だったのだが、この手のパーティに参加すると常に思うのは、バイク乗りにも色々な人種がいるんだなぁと思う事。
会場は日の出駅のすぐ近く、カメラマンならば恐らく知らない人はいない共同写真の隣にある倉庫で、何やら昔はTABLOID紙の印刷工場だったとかで、現在はその名もそのものTABLOID。
実際細長く高さのある空間は、なるほど印刷工場だったんだろうなぁと思わせる。
d0106812_1541474.jpg

ここ数年発表された、ハイパーモタード、スポーツクラシック、1098、ストリートファイターが並んでいる。
中央に舞台があってその中にムルティの新車が鎮座している。
とても残念なことだが僕にはやっぱり現行車にぴんとくる物は無い。
イベントがスタートすると一番奥の壁にドカティのヒストリー映像が投影された。
ぼんやり観ていてハッとする。
DUCATIのあのロゴ、お椀ヘルメットを被った3人のライダーが同時にゴールをするモノクロの映像、これは50年代か60年代の映像だろうか?こんな映像始めてみた。
若いマイクへイルウッドが250のレーサーに跨がっている写真へと続き、その次にイモラレーサーが疾走する映像が流れる、その次はもうパンタの時代、この辺りからだんだん映像に興味が無くなって、後は見るとも無く見る程度。
イベント自体は1時間程、決してアクセスの良い場所ではないと思ったが、大勢の方が来場され盛況だった。

d0106812_155184.jpg

TABLOID、カフェもあってなかなかお洒落な場所である。
今度自分のバイクで行ってみよう。
[PR]

by arata350 | 2010-05-28 20:08 | 画像の山から
2010年 04月 11日

Twenty five years.

Mr.Murayama,the representative of Silverstone,produced "Imora replica replica" based on the model 250desmo after 25 years.
We decided to shot the same image which was a front cover of the British magazine"Motorcycle enthusiast" at that time.
d0106812_19562595.jpg

He traced back his memory and we looked for the place where the photo was taken.
The surroundings have changed somewhat though the Buddhist images were there just as they were.
d0106812_19563721.jpg

He reflected the process as a enjoyable and a fruitful work but at the same time he told me that he spent enormous time and energy trying to finish it.

The plan for accepting another order is still up in the air, however,it seems that he is thinking about kitting it.
Anyway this is a great wonderful facture professionally made and the man who would own this is so lucky.
d0106812_19564846.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-04-11 04:31 | 画像の山から
2010年 03月 31日

明日から4月

今年も四分の一が終わりました、早い物です。
d0106812_22374631.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-03-31 22:39 | 画像の山から
2010年 03月 27日

バブル生まれ、

d0106812_15523054.jpg
下町界隈にて。
ホンダNS50F、初めて見たバイク。
調べてみると1988年辺りに世に出たバイクである事がわかる。
80年代後半、バブルの真っ只中、この時代に生まれた物はメーカーが開発に予算を惜しまず投入した物が多いと聞く。
果たしてこのバイクはどうなのだろう?
いずれにしても既に役目を終えたであろうバイクは、すこし苔を纏い始めていた。
僕はバブルを知らない。
このバイクに乗っていた人も恐らくバブルを知らない。
プラスチックのボディはところどころにまだ、味気のない光沢を放っていた。
このバイクはどんな時の流れを、見て来たのだろうか?
[PR]

by arata350 | 2010-03-27 15:56 | 画像の山から
2010年 03月 26日

サーキットを走ってみたくなる、

今迄はあまり興味がなかった場所であるが、今回の経験はとても刺激になった。
サーキットをレーサーで走ってみたい、とても強い欲求にかられた。
ミニでレースをするというのも大人の趣味という感じがして良い。
いずれにしても2輪に比べて4輪は、保管場所の問題であるとか、サーキット迄如何にして運ぶのかとか、経済的に余裕がないと手を出せる遊びではないのだが、、、、。
d0106812_2047853.jpg

クルマで遊ぶというのはずっと先の事として、バイクでレースというのはもうちょっと近しい未来になんとか実現してみたい。
レーサーを運ぶ為にはトランポが必要である。
以前も紹介した、村山さんのミラウォークスルーバン。
助手席を外してしまえばシングルを真っすぐに積載出来る。
エンジンはターボエンジンに載せ変えてあるので軽自動車でも余裕の走りをしてくれる。
d0106812_205231.jpg
中はこんな感じ。
やはりバイク中心の生活になると、トランポは必須である。
良いクルマを探しているのだが、駐車場との兼ね合いもあってなかなかむづかしい。
ウォークスルーバンも維持費が安くてなかなか良いのだが、やはり人を乗せて走るとなるとちょっと無理があるだろう。
色々と勉強になる一日だった。
それにしてもマンクスの咆哮を聞けなかったのが残念。
d0106812_20565379.jpg

誘って下さった村山さん、ありがとうございました。
[PR]

by arata350 | 2010-03-26 21:00 | 画像の山から