黄色いドカと青いドカ YELLOW DESMO and MK-3

arata350.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 30日

第276回ラウンドツーリング 

天気は朝からいまいちで、自宅を出る時は既に雨が降り始めていた。
竹久夢二美術館のあたりでバイクを止めて雨具を身につけ、忍ばず通りに出る。
新木場はフリーランスになる前に在籍していた会社の最寄り駅だ、何度も走った道を快調にバイクを走らせる。
途中で雨はあがったがまたいつ泣き始めるか分からない、そんな天気にも拘らず新木場には20台近いバイクが来ていた。
d0106812_14554836.jpg
公約通り?toprexさんはモンキーでやって来た。
綺麗なモンキーであるが、3万円で購入してコツコツレストアしたそう。
ちらっと見えるテールランプはイタリア製のcevでMK−3と同じラウンドタイプの物である。
次のポイント泉岳寺迄は海底トンネルを抜けるルートで向かった。
d0106812_14544225.jpg
今日はC90で参加、昨晩オイル交換をして、さらにマフラーのバッフルを抜いた。
排気音はなかなか勇ましい音になり、さらにオイルはラリーでも使ったyaccoを試してみることにする。
泉岳寺迄の道中、先頭集団にくっついて走っていたのだが、ちらっとメーターを見ると針が振り切れているではないか!
一瞬メーターが壊れてしまったと思ったがそうではなく、実際にそれ位のスピードが出ていたようである。
因にメーターは3桁迄刻まれている、、、、。
今迄は坂の下りでやっと80いくかどうかだったのであるが、荒療治?は必要な時もあると感じた。
d0106812_14574840.jpg

d0106812_18524660.jpg
ここ泉岳寺の近くにSAKAMAさんのサロンがある。
泉岳寺に来たのは始めてであるが、表通りとは対照的に静かで良い場所である。
本堂で参拝を済ませてプチ観光。
d0106812_15125928.jpg
お線香を買って四十七士墓所で参拝を済ませて山門を出ると、hasuiさんがシルバーショットガンで来ていた。
d0106812_15135034.jpg
hasuiさんと会うのは昨年の個展以来である。
hasuiさんは個展を開催し精力的に活動されている、僕もがんばらねば。
この後仕事があるとの事でhasuiさんはここで帰られたが、ドカティ直ったらまた一緒に走りたいですね!
今回は都内という事もあってか?カブの参加が多い。
d0106812_15165559.jpg
d0106812_1517551.jpg

最近はカブがお気に入りである、なにしろ操作が楽で90cc位あるとなかなかパワーがあって面白いのだ。
燃費も良いし丈夫だし一家に1台、どうですか?
泉岳寺から富岡八幡宮へ、ここでSAKAMAさんとお別れ。
d0106812_18403396.jpg

人出で賑わう中央通り、銀座を通って目的地へ。
d0106812_1842131.jpg
d0106812_18422734.jpg

d0106812_1851631.jpg
途中帰路を急ぐボンネさんに引っ張られ、皆さん秋葉原付近迄行ってしまったらしい、、、、。
富岡八幡宮、巨人力士碑を抱いて「どんだけでかいやつなんだぁ〜!」
d0106812_1845684.jpg

お昼は参道にある六衛というお店で深川丼を食べた。
d0106812_185724.jpg
これは美味いかどうかを問われると、その答えはちょっとばかり難しい様に思う。
d0106812_1905852.jpg
まだあの時はこの後に何が待っているのか知らずに深川丼に舌鼓をうつtoprexさん、、、、、
昼食後CB125がやってきた。
d0106812_1974440.jpg

雨が強くなって来たので本日はここで退散する事にする。
微妙な天気にも関わらず多くの参加者があった。
皆さんまた来月会いましょう!
[PR]

by arata350 | 2009-08-30 19:52 | グルッポRS
2009年 08月 29日

CB90エンジン

d0106812_23104513.jpg
こちらは3000円ポッキリで落札した90のエンジン。
恐らくグルグル目玉タンクのCBに付いていたと思われる。
XLのステーターとダイナモローターはCBと見かけがほとんど一緒なのだが、実際は別物でCBのものを移植する必要がある。
このエンジンからその部品を拝借しようというわけだ。
d0106812_23191554.jpg
d0106812_23192569.jpg
期待していなかったが案の定、中身はかなり汚い。
オイル管理が酷かった物と思われる。
さらにエンジン下部のフィルターキャプの中にはヘドロが沢山入っていた。
d0106812_2320253.jpg
d0106812_23203593.jpg

今の所必要な部品だけ取り外して、XLのミッションをベースにしたエンジンを作ろうと思っている。
[PR]

by arata350 | 2009-08-29 23:25 | CB90
2009年 08月 28日

XL125エンジン

一体何になりたいのか?と、我ながら思うのだが、気がつくと玄関にホンダの縦型エンジンが5基も転がっている。
恐らくドカティのエンジン一基買う金で縦型エンジンは20基は買えてしまうだろう。
そんなわけであっという間にエンジンが増えてしまった。
XLエンジンは腰下が欲しくて入手した。
メインで使用しているエンジンとの互換性をもたせる為に初期型の6ボルトの物ヤフオクで探した。
これがなかなか出てこなかったが、出て来る時は必ず来る物で、走行数百キロの物をほとんど競ることなく落札した。
外見は粉が吹いていてさらにクラッチが切れないという。
ミッションが欲しかったのでそれだけ無事であれば全く問題ない、果たして到着したエンジンは確かに外見はそれなりだが中身の程度は良さそうなものだった。
d0106812_1623414.jpg
この作業はC90と同時進行で行っていたので6月頃の写真になる。
好奇心おう盛な猫達は作業を始めると必ずそばに寄ってくる。
はなしは逸れるが、最近この白い猫のアゴの下に黒いかすが付着する様になった。
ノミの糞だろうか?と気になったのだが、どうやら猫ニキビという物らしい。
さてエンジンの話に戻して、まずはクラッチが切れない理由を探る為にケースを開けてみる事にする。
d0106812_16484636.jpg
ケースの内側はご覧の通りの状態、かなり綺麗だ。
ケースの底に堆積していたスラッジも量が少なく、拭うと簡単に綺麗になった。
そして問題のクラッチは酷い状態だった。
錆びて固着している。
d0106812_16493111.jpg
d0106812_16494191.jpg

プレートとひっついてしまって、クラッチホルダーからごそっと抜けた。
手で一枚ずつはがす様にしてばらす。
d0106812_16501155.jpg
灯油に浸けて洗浄。
この後ペーパーをかけて表面をならす。
d0106812_16503466.jpg
ついでに遠心フィルターの掃除。
前回ネジを外すのに失敗して散々な目にあったので慎重に作業を行う。
d0106812_1651012.jpg
キャップのふちに堆積したスラッジを取り除く。
d0106812_1651293.jpg
d0106812_16514386.jpg
さらにフィルターを止めているネジを外すには特工が必要である。
わざわざ純正の特工を入手する必要はないとCさんにアドバイスを頂いて、キタコだったかキジマだったかの工具を使用した。
外すにはかなりの力がいるので、僕は大型のTレンを使うことにした。
フィルターキャップのガスケットを新品に交換して、次のプロジェクト迄しばし待機。
d0106812_16521396.jpg

[PR]

by arata350 | 2009-08-28 00:51 | CB90
2009年 08月 27日

MK-3

またさらに別の日になるのだが、MK−3の白煙の原因を探るべく腰上の分解をしてチェックしていただいた。
d0106812_0574099.jpg

ブローバイからの白煙の原因はピストンリングが折れているか、シリンダー内になんらかの損傷があるのでは?との予想だったが、ピストンリングは正常で、さらにシリンダーは内壁にまだまだホーニングの跡が残っている状態であった。
d0106812_0581816.jpg

ピストンリングのクリアランスも問題なし、ピストンのガタも許容範囲だった。
d0106812_0592532.jpg

それよりもなによりもポートの形状が変わるくらい厚く積もったカーボン。
ドライバーで削ってみるとごそっと破片が落ちて来た。
d0106812_0595075.jpg

白煙の原因以外にずっと気になっていたパワーロスは、ヘッドのオーバーホールをしなければどうにもならなそうである。
いずれにしてもシリンダー、ピストンに異常はないのでホッと一安心。
作業を一通り終えると、Sさんのスクランブラーがやってきた。
d0106812_103811.jpg

後日談になるが、ついにMK−3のコイルが駄目になったようだ。
暖まるとエンジン停止、暫くエンジン掛からず。
結局トランポでバイクを回収する羽目になった。
さて、どうなる?
[PR]

by arata350 | 2009-08-27 01:01 | MK−3
2009年 08月 25日

NSU スポーツマックス

ちょっと前の話に成りますが、進行中のデスモエンジンオーバーホールの続きをやって参りました。
前回バラしてからケースの洗浄が済んで、ベアリングを外す迄の行程です。
d0106812_13545268.jpg
洗浄が済んだケース。
d0106812_13555321.jpg
夏の暑い時期ではありますが、ケースをあっためてベアリングを外し易くします。
d0106812_1355216.jpg
基本的にはベアリングプーラーを使用しますが、充分に温められたケースをひっくり返すとその衝撃でベアリングがごろんと外れました。
この後ブラスト処理に入ります。
この日はここ迄の作業でしたが、工場の中に猛烈なオーラを放つバイクがありました。
d0106812_1356331.jpg
NSU スポーツマックスというバイクだそうです。
スーパーマックスというのは聞いた事がありますが、こちらはそれとは全く別物のバイクだそうです。
d0106812_1357121.jpg
この手作り感満載のタンク、凄いです。
何から何迄凄いのですが、工場の奥の方にこのバイクに装着されるフェアリングが置いてありました。
d0106812_13572416.jpg
d0106812_13573482.jpg

凄いです、モノトーンの中でしか見た事のない様な物が目の前に有るのです。
d0106812_13581996.jpg
このシートがなんとなく野暮ったいなぁと思っていたのですが、、、、、。
リアカウルを付けると、なるほど〜!
d0106812_1451262.jpg
d0106812_13593865.jpg

NSUは同時代におけるBMWよりも遥かに素晴らしいバイクを作っていたそうです。
なのにNSUは消滅してBMWは残った、なんとも皮肉な話です。
村山さんの所に遊びにくると滅多に目にする事の出来ないバイクを見る事が出来ます。
それはとても貴重な事なのですが、縁のなかった物を身近に見る機会が増えて少しずつ価値観が変わってきました。
昔はレーサーに興味はなかったのですが、最近は、、、、、いつかは1台欲しい。
[PR]

by arata350 | 2009-08-25 16:35 | 画像の山から
2009年 08月 24日

さて、いよいよ週末は、

d0106812_1065852.jpg
第277回ラウンドツーリングが行われます。
詳細は以下の通りっ!
9:00京葉線 二又新町駅
10:00京葉線 新木場駅
11:30泉岳寺
13:30富岡八幡宮
14:30新木場 若洲海浜公園風車前
今回は東京です。
いつも遠方により参加を見送られている方、是非参加してみて下さい。
[PR]

by arata350 | 2009-08-24 10:07 | グルッポRS
2009年 08月 23日

ラリーを走ったバイク達

d0106812_1632533.jpg
1位、アエルマッキハーレーダビッドソン

d0106812_20224661.jpg
2位、ドカティシルバーショットガン

d0106812_20243760.jpg
3位、ベスパGTS

d0106812_2125690.jpg
4位、ホンダCB90改

d0106812_20254949.jpg
5位、ハーレー
スポーツスター

d0106812_20305750.jpg
6位、ホンダSL90改

d0106812_1632438.jpg
7位、スズキGSX

d0106812_20263582.jpg
同7位、ドカティS4

d0106812_2024060.jpg
9位、ホンダCB72

d0106812_20353010.jpg
同9位、ドカティスクランブラー

d0106812_2112267.jpg
11位、トライアンフ スピードトリプル

d0106812_2105856.jpg
12位、ドカティイエローデスモ

d0106812_20292973.jpg
13位、ドカティイエローデスモ

d0106812_20301069.jpg
14位、ホンダCL72

d0106812_2114327.jpg
15位、ホンダCB125改

d0106812_23592666.jpg
同15位、YAMAHA TZR

d0106812_2122325.jpg
同15位、YAMAHA XS650

d0106812_20313757.jpg
18位、YAMAHA TZR

d0106812_20321219.jpg
19位、CB250
[PR]

by arata350 | 2009-08-23 00:00 | グルッポRS
2009年 08月 20日

スーパーラウンドラリー最終日

ついに最終日である。
本競技は終了したが、この日もゲームが行われ区間賞と賞金を獲得する事が出来る。
朝、何時もの様にバイクの整備。
最終日は流石にのんびりムードが漂う。
d0106812_14582456.jpg
d0106812_14584188.jpg
d0106812_1513327.jpg
d0106812_153252.jpg
d0106812_1533710.jpg

この日も朝からどんよりとした天気だったが、1区目途中から目が降り始めて途中から雨具を着用する。
d0106812_1513993.jpg
d0106812_15133133.jpg
d0106812_1513439.jpg
N藤さんの足元はコンビニの袋かと思っていたらそうではなかった。第一チェックポイント付近の給油所にて。
d0106812_15203357.jpg
ルートの確認、先行オフィシャルがミスコースをしたと思われ、リアオフィシャルが急遽先行オフィシャルとなってスタートする。
雨は収まりそうになく、第2チェックポイントキョロロン村付近へ続く長いトンネルを抜けるとさらに激しい雨が待っていた。
d0106812_15171171.jpg
d0106812_15172164.jpg
カメラのレンズは曇ってしまうし、レンズについた水滴が像を歪める、まるで光線漏れを起こしたフィルムのようだ。
先行オフィシャルによると少し前迄は日が出ていたそうだ、突然大雨になったらしい。
キョロロン村を出発する際にまたもCBの調子がおかしくなった。
暫く走ると元に戻ったが、どうもこのバイクも雨にはあてない方が良さそうだ。
途中から天気は回復して、じわじわと暑くなって来た。
昼食場所に到着して暑苦しい雨具を脱いだ。
d0106812_15295817.jpg
d0106812_15301029.jpg
フライ定食、美味しかった。
ここで午前中3区間の結果が発表された。
途中から参加された方も、残念ながら半分くらいが雨ではあったが走りを堪能されたと思う。
昼食後笠間駅迄はフリー区間となった。
最終区間、S藤さんのSLとバイクを交換して走ったのだが何やら調子がおかしい。
ブローバイから白煙を吹いて、あまり回転があがらない、さらに信号待ち毎にエンストをする。
笠間についてエンジンをチェクするとなんとオイルがほとんど入っていなかった。
焼き付く寸前だったようだ、ヨネシンさんからオイルをもらってなんとか無事に帰宅したそうである。
d0106812_1542038.jpg

d0106812_1543183.jpg
今年は大きなトラブルもなく、全員が完走した。
d0106812_15433132.jpg
ラリーが終わる。
そして終わった時から、また来年への挑戦が始まる。
[PR]

by arata350 | 2009-08-20 16:01 | グルッポRS
2009年 08月 19日

スーパーラウンドラリー5

3日目。
天気予報では雨になるとの事、ラリーが始まってから天気は決して安定していなかったが、今日こそは雨具が必要になりそうだった。
第一区間、国道106号に戻り、川井村で国道340号左折、国道283号右折して、道の駅とうのまで。
比較的楽なコースに感じられるが、オフィシャルが通過した後に道路工事が始まり、全ての競技者はチェックポイントまで迂回を強いられることになった。
結果この区間はノーゲームになり、まだ第一区間だった事もあって午前中の残り二区間を3っつに分けて仕切り直しとなった。
この日二区目の先行オフィシャルを、I澤さんのXS650と走った。
途中雨が降り出し、暫く我慢して走っていたのだが雨粒は次第に大きくなった。
間もなくチェエクポポイントという所でバイクを止めて競技者の到着を待つ、雨は本降りになった。
第二区間、とうのを出て国道283から道なりで国道107号へ、県道27を左折、人首で県道8号左折。
人首なんてなんとも不気味な名前である。
丁度バス停があったのでそこで雨宿り、バスが来る時間を調べると2時間も先であった。
d0106812_172162.jpg

雨具を身につけるタイミングも勝敗の決め手になってくる。
間もなくして最初の競技者が到着した。
この日、CB250のI高さんがバイクの不調で他の競技者よりも早めにスタートしていたのだが、一番最初に到着したのはI高さんではなかった。
皆雨宿り
d0106812_1752914.jpg

到着する競技者は皆雨具を装着している、僕らの後はもっと早い時期から降り始めていたのだろう。
d0106812_1744831.jpg

結局このチェックポイントにI高さんは到着しなかった。
一日こんな雨だと思うと憂鬱になる。
雨になると、必ずと言っていい程1台のイエローデスモがぐずりだす。
スタート3分前、そのイエローデスモは皆の期待に応えるかの様に、しばしの間エンジンを沈黙させた。
その様子を面白がってみていたのだが、なんと自分のバイクもエンジンが掛からない!
罰が当たったか、やっとエンジンが掛かったが暫く吹け上がらない状態が続いて、こいつはもしかして止まっちゃうかも、、、、と不安に襲われる。
数メートル走ると元の状態に戻ってホッとした、さらに雨も小降りになってきた。
第二チェックポイント、
I高さんが無事にやってきた。
d0106812_1720895.jpg
「どこ行ってたのよ?」
「、、、、、、、、。」
激しい走りでパンクに見舞われたトライアンフ。
現行のバイクの強み?パンクしてもスタンドで直ってしまう。
d0106812_17425467.jpg

午前中の3区が終わってやっと楽しい昼食です。
昼食は宮城県登米市の東海亭で鰻重です!
d0106812_17411345.jpg

なんとも風情のあるお店です、周囲には古くて趣のある建築物が有りますが、写真を撮る暇がありませんでした。
またゆっくり来たい場所です。
この3区間は区間毎の距離が縮まったので区間タイムはかなりハイペースだったのではないかと思われます。
そして4区目、先行オフィシャルに災いが、、、、
d0106812_17475477.jpg
まだあの時はこの後に何が待っているのか知らずに鰻重に舌鼓をうつtoprexさん、、、、、
5区のポイントにて、近くの給油所でガスを入れるとパイナップルのサービスが。
d0106812_17562054.jpg
嬉しそうなヨネシンさん。
6区は宿に向けて飛ばしに飛ばした。
本競技は今日で終了である、楽しい日々はあっという間に終わるのだ。
さて夕食後集計が行われ優勝者が決まる。
今年の優勝は昨年エンジンブローで初日からトランポを運転する事になってしまった、T倉さんだった。
この優勝にはドラマがある、3日目の2区目にT倉さんはスコアカードを紛失してしまい、2区間分がノーカウントになってしまう所だったのであるが、なんと後から来たUさんが落ちているスコアカードを見つけて拾っていたのである!
もしUさんがカードを見つけて拾っていなければ、、、、。
何が起こるかわからない、それが楽しいのである。
さて僕の結果はというと、残念ながら順位を2つ落として結果は4位だった。
それでも健闘したと思う、来年はドカティで出たいところだが、何で出ようか?大いに悩みそうだ。
なにせわずか125ccの単気筒で上位を狙うというのは、想像以上にやりがいのある事だったからだ。
[PR]

by arata350 | 2009-08-19 10:13 | グルッポRS
2009年 08月 18日

スーパーラウンドラリー4

ラリーも残す所あと2日。
ツーレポも間もなく終了します。
仕事の合間に打っていますが、なかなかまとめるのも大変なものです。

画像は初日5区の物。
SAKAMAさんに吸盤付きのビデオ用マウントを作って頂いたので試してみました。
本来はヘルメット用なのですが、ガソリンタンクに付けて試してみました。
ウインカーが邪魔ですが、次回もう少し工夫をしてみます。
今回もラリー中に沢山の写真を撮りました。
d0106812_00530.jpg
初日、喜連川に向かう途中。
d0106812_022394.jpg
タンクを固定するバンドを作って頂いたり、CBに関して色々お世話になったCさん。
d0106812_04722.jpg
2日目昼食場所、種差海岸の眺め。
d0106812_054616.jpg
2日目終了後、悪路を通過してバイクがドロドロ。
ガソリンタンクを両方満タンにすると約16リットル、流石にバイクが重くなる。
d0106812_071341.jpg
ラリーは排気量の制限がない。色々なバイクと一緒に走る事が出来る。
d0106812_08201.jpg
神出鬼没、前を走っていたと思うと後に、後を走っていたと思ったら前に。
d0106812_0101426.jpg
無骨なスッテップ、オイルにまみれたフレーム、無駄のない走る為の道具。
d0106812_014436.jpg
プライドの証
d0106812_0355821.jpg
その存在感、やる気にさせます。
d0106812_0153958.jpg
バイクが変われば、調子も変わる。
d0106812_0363956.jpg
2STも面白そうです。
使用したカメラはキャノンとペンタックス、ペンタックスは昨年買った防水機能付きのカメラですがこの後に大いに活躍する事になります。
ナンバー5へつづく、
[PR]

by arata350 | 2009-08-18 00:40 | グルッポRS