<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 30日

第278回ラウンドツーリング 

先週は雨の中第278回ラウンドツーリングが行われた。
当日朝の天気では東京は曇りになっていて、さらに千葉方面も昼から雨が上がりそうだった。
ここの所ドカティが故障中のため遠征にはすっかりこれで行く事が多くなってしまった、CB90。
d0106812_10514186.jpg

雨具を装着して、自宅を7時30に出発する。
この時間はまだ小雨がぱらついていたのだが、雨の日に走るというのも気持ちの問題だと最近は思う様になっていて、普段とは違うペースを楽しみながら集合地点である曽我駅に向かった。
遠方参加の厄介な点はいつ中止になるか?そして中止になった時に何処にいるのか?ということでる。
最近購入したiphoneはインターネットの閲覧がとても楽なので頼もしい存在である、途中あまりにも雨が激しくなって来たらグルッポの掲示板をチェックすれば良いのだ。
まぁ途中で中止になったとしてもそれはそれでいいのだが。
果たして曽我駅には4名の強者が待っていた。
d0106812_10521165.jpg

流石にこれくらいの雨では中止にならないのがグルッポのツーリング。
ぼちぼち雨も上がるだろうと思われたので大嫌いなブーツカバーを外す事にした。
次の集合地点は久留里城、曽我からだとちょっと距離がある。
雨はあがりそうといっても、向こうがどうなっているかわからずここで中止にするかどうかの協議が行われた。
その最中、もう一台クラブマンがやって来て久留里まで走る事が決定。
d0106812_10524631.jpg
d0106812_10525693.jpg

集合場所まで来ていたシルクロードさんがここまでとなって、残った5台で久留里を目指す事になる。
駅を後にして16号を暫く南下、途中でベントさんのCLがどこかへ行ってしまう。
雨でもハイペースなので125クラスにはややきついものがある。
僕もだいぶ頑張って走っていた。
ベントさんは途中でチェーン外れのトラブルに見舞われたそうな。
さらに途中から雨が激しくなりはじめ、ブーツカバーを外した事を後悔した。
ベントさんのブログを見ると何やら自分がおかしな格好をして写っている写真が二枚ある。
久留里に到着してびしょびしょになったブーツと悪戦苦闘している姿と、久留里を出る時にブーツカバーを装着するのに悪戦苦闘している間抜けな姿である。
d0106812_10534387.jpg

晴れていたらそれなりに人が来たであろう、久留里城の駐車場ではお城祭りが開催されていた。
屋台であたたかいカップ麺と、もろこの天ぷらで腹ごしらえ。
d0106812_12265098.jpg
d0106812_122727.jpg
もろこはなかなか美味だった。
ここから途中まで慎さんとバイクの交換。
慎さんはCBを堪能?されていたようだ。
僕はビックスクーター初めて乗ったけれど、これは確かにらくちんだった。
さて今年も残りあと2回となったラウンドツーリング、今年はなんとか皆勤賞が取れそうである。
[PR]

by arata350 | 2009-10-30 12:35 | グルッポRS
2009年 10月 27日

さて、いよいよ週末は!

d0106812_1345051.jpg
グルッポR.S.シングルドカツーリングが行われます。
詳細は以下の通りっ

11月1日 日曜日
午前10時 千葉ポートタワー集合
午前11時位? 出発
MAP

千葉県大多喜にあるハーブアイランドベジタブルガーデンまで約40キロのツーリング、昼食後解散です。
オーナーの方、ドカティシングルに興味をお持ちの方是非参加して下さい。
参加費用は要りません。

当日トランポも一緒に走ります。
もしバイクがトラブルに見舞われた際でもご安心ください。
ただし一台しか積載できません、さらにトラブルに遭われた方は確実にブログのネタにされます!
トランポの餌食にならないようしっかりと整備願います!
[PR]

by arata350 | 2009-10-27 21:19 | グルッポRS
2009年 10月 26日

市区町村ツーリング 第3部

翌朝、大分早い時間に目が覚めて外に出てみると昨日の雨はすっかりと上がっていた。
木々の間から強い朝日が差し込んでくる。
バイクを移動して何枚か写真を撮った。
d0106812_23333895.jpg

今日は暖かくなりそうである。
d0106812_0253150.jpg

朝食後出発までの僅かな時間に皆さんバイクの点検です。
Wさんはスロットルワイヤーの点検だろうか?
d0106812_0275474.jpg

草津グリーンハイツを出発。
d0106812_2315124.jpg

途中給油をしたり家族へのお土産を買ったり。
この日は朝からいろいろなバイクの集団に出くわす。
同じように小排気量バイクばっかりの集まりもいた。
本日もコースに一部訂正があったのだが、その最初292号線大津交差点手前でIさんのダックスがペースを緩めて止まった。
どうしたのかと思ったら、なんとリュックを宿に置いてきてしまったとのこと、Iさんは元来た道を引き返していった、、、、。
出発してから10キロくらいは来たであろうか?
途中コースが微妙にわかりづらいところで一旦停止。
d0106812_23153783.jpg

さすがにダックスのIさんが追いついてくる気配はないので、それぞれ自分のペースでスタートする。
d0106812_2316832.jpg

途中何カ所かバイクを止めて写真を撮った。
d0106812_23163387.jpg

景色がすばらしい、またゆっくり写真を撮りに来たい。
特にベベルドカティの集まりで良く耳にしていた妙高山の眺めは最高だった。
d0106812_23165760.jpg

昼食をとった場所にも色々なバイクの集団が来ている。
中でもこのグループ、青いスポカブに乗っていたのはまだ20代前半ぐらいの若者だった。
d0106812_23173017.jpg

このグループはナンバーから察するに地元の若者だと思われる?なかなか渋いセンスをしている、というかこの手のバイクにきちんと興味を示す若者がいるということになんだかホッとした。
本命のこちらのお店はお客が一杯で断念。
駐車場には気合いの入った一台が止まっていた。
d0106812_23175274.jpg

バイクの森小鹿野に到着、ここで今回のツーリングは解散となる。
d0106812_2318153.jpg

参加した皆さんはここからいったいどうやって帰るのか?それぞれが地図とにらめっこして考えていた。
d0106812_23183732.jpg

いずれにしてもここは誰にとっても遠い場所だったのだ。
[PR]

by arata350 | 2009-10-26 23:35 | グルッポRS
2009年 10月 23日

さて、いよいよ週末は、

第278回ラウンドツーリングが行われます。
詳細は以下の通りっ!
9:00 JR蘇我駅西口
11:00 久留里城 駐車場
13:00 道の駅「とみうら」
15:00 久留里駅 東口
d0106812_1848137.jpg

早いですね〜もう一年です。
先々週だったかな?このバイク皇居の周辺で見かけました、さすがに犬は乗っていませんでしたが、、、、。
愛車の調子は如何ですか?
[PR]

by arata350 | 2009-10-23 18:51 | グルッポRS
2009年 10月 23日

市区町村ナンバーツーリング 第二部

昼食後いよいよラリー形式の競技が行われる。
これは夏に行われるスーパーラウンドラリーと基本的には同じ。
先行オフィシャルが何分かかってその区間を走ったか?それを推理しながら走り、最終的にオフィシャルタイムに近かった者が勝利する。
3区間で2名ずつ計6名のオフィシャルは、昼食前にくじ引きで決定。
僕はオフィシャルにはならなかったので3区間とも競技に専念する事になった。
休憩中でもバイクの整備は続く。
d0106812_1653237.jpg

この区間の先行は2stのKawasakiと今回唯一のスクーター、一体どれくらいで走るのか?オフィシャルスタート15分後、いよいよ本体のスターとなる。
d0106812_16552631.jpg

第一区間
榛名湖を出発して県28途中から榛名西麓広域農道を南下し県33経由で国406まで。
一部にコースの修正があったのだが、資料が行方不明なのでとりあえず最初のルートを載せていく事にする。
競技に専念していたので画像は特にないのだが、競技前までずっと大人しく走っていたCB50、APE、XR80の三台に途中で抜かれそのまま追いつけず、、、、。
先行を行くMさんのスーパーカブと連なって走る。
寒さが一層激しくなり、ガタガタ震えながら走り続けた。
途中直進する所を先程追い抜いていった3台がどちらに行くか迷っていて、その脇をすり抜けてチェックポイントに到着。
Mさんがタイムカードをなかなか出せないでいたので先にチェックを済ませる。
続々と後続のバイクがやってくる。
果たしてこの区間のタイムは?
d0106812_171011.jpg

10000回転とか回してないと駄目なんだよねぇ〜と言われているCBX。
良い音してました、それもそのはず?このマフラーの正体は?
d0106812_17133331.jpg
d0106812_17134359.jpg

早かったCB50、軽く?ボアアップしているそう。
この区間の走りが後に祟る事になる???
d0106812_17153666.jpg

最初の区間は一カ所紛らわしい場所が有ってそこでミスコースをしたと思われる?アツシさんが2区目のオフィシャルがスタートした後にやってくる、、、、、
d0106812_17311263.jpg

第二区目
国406〜権田で県54長野原倉渕線 北軽井沢まで
チェックポイントは浅間高原レース発祥の地でした。
こちらのバイク博物館は一体どんなバイクが展示されているのでしょうか?
d0106812_1746397.jpg

ここで僕は寒さに耐えられなくなりついにカッパを着用した。
d0106812_17464581.jpg

第三区目
北軽井沢国146を突っ切り県235〜途中から浅間広域農道左折〜県94へ右折、田代で国144左折
1キロ先でパノラマラインを北上〜県59まで。
この区間懸念していた雨がついに降り始める。
d0106812_17484389.jpg
スタート後暫く雨の様子を見ながら団子状態で走行していたがついに限界、バイクを止めて皆一斉に雨具の装着をする。
雨具の装着は何回やってもスムースにいかない。
ブーツカバーを付けずに一番で走り出したが、その後雨は一向にやむ気配はなく、結局ブーツカバーを付ける羽目に、、、。
バイクを止めてブーツカバーと格闘していると後続のバイクが抜いていった。
雨は想定内だったが、自作のルートマップ入れを忘れたのは厄介だった。
雨でこのざま、もしももうちょっと距離があったなら、、、、判読不能なルートマップと共に路頭に迷う事になったかもしれない、、、、、。
d0106812_17544929.jpg

一体自分の順位がどの辺なのか分からない状態のまま、ぐしゃぐしゃになったマップを注意深く見ながら走行して行くと、前方のガソリンスタンドでSLのS藤さんが給油をしていた。
それを見つけてホッとする。
暫く一緒に走るとそろそろゴールか?という所で後からAR80が抜いていく。
随分先に行ったと思っていたのでどこかでコースを間違ったのだろうか?
結局チェックポイントについてみると、AR80、SLに続いて3番目の到着だった。
先に行ったCBXはどこかへ行ってしまったとの事。
チェックポイントから宿へ皆を待たずに移動する。
もうぐしょ濡れだった。
後から来た皆さんもゴールをして宿へ、いやぁ〜くたびれたなぁ〜〜〜〜。
d0106812_18125736.jpg

冬場はスキー客が利用する宿、乾燥室なる特殊な施設に雨で濡れた装具がずらりと並ぶ。
d0106812_1864487.jpg
d0106812_187486.jpg

ひとっぷろ浴びて楽しい宴会。
d0106812_1891682.jpg

競技の結果発表が行われる。
第一区間はスーパーカブのMさんが区間賞をゲットした。
も、もしかして、タイムカードを先に出さなければ僕が区間賞をゲットしていたかも、、、、、。
さらにオフィシャルタイムとピッタンコだった。
d0106812_1894542.jpg
やったね〜。
第二区間はマイペース走行のTZRのS崎さん、第三区間はマイナス3秒!でAR80のWさんがゲットした。
最終回へ
[PR]

by arata350 | 2009-10-23 18:30 | グルッポRS
2009年 10月 20日

市区町村ナンバーツーリング 第一部

そもそもCBを入手するきっかけになった市区町村ナンバーツーリング、今年は一泊二日の日程で行われる事になった。
排気量125cc以下限定で行われるこの企画は、正に大人の遊びである。
今回は14台の参加があって、それぞれのバイクが小さなパワーを存分に使った走りを楽しむ事になった。
初日に3区間の競技区間があったのでCBで参加することにしたが、流石にラリーの時の様にゴリラタンクを積む事もなく、ついでに荷台を取り去ったのですっきりとした印象に変わった。
夏の間付けていた不格好なサマーシートカバーを取り外すとへたったシートが露になった。
2年前にこのバイクが来た時の写真を見ると、どれだけシートがへたってしまったかがわかる。
これは何か手をうたないと皺になったカバーにどんどん亀裂が入ってしまう。
寒暖の差が激しいこの時季は何を着ていくかとても悩む、とりあえず黒のベルスタッフにインナーを付けて長袖シャツ一枚にジーパンという出で立ちで出発した。
集合場所は道の駅境、4号を走って行くとその道中やたらと動物の礫死体を目にする。
陰鬱な気分で走っていると前方に2台のバイクが目に留まった。
T中兄さんとアツシさんであった、なにやらアツシさんのCB125JXが不調でこの場所で暫く動けなくなっていたようである。
エンジン再始動して出発。
d0106812_372728.jpg

そのまま順調に、途中でボンネさんと合流して4台で境に到着した。
参加のバイクは圧倒的にHONDAが多い。
d0106812_385360.jpg
d0106812_39935.jpg
d0106812_392698.jpg
d0106812_395057.jpg

2ストはKawasakiのAR80とYAMAHAのTZR、
d0106812_14143344.jpg
d0106812_1415462.jpg
そして見送りにI澤さんがウルフでやって来た。
d0106812_1412462.jpg
I澤さんのウルフはとても綺麗である。
コースは道の駅境を出発して国道354号線を群馬方面へ、国道50号を走って桐生、国道353途中から空っ風街道に入って榛名湖まで。
榛名湖で昼食、午後から宿までの3区間が競技区間となる。
当日コースに若干変更点があってその説明が行われた。
d0106812_1425591.jpg

皆さん主催者が用意したコマ地図をみてなんとなく?コースを頭に入れるといよいよツーリングがスタートする。


初日、朝から空はどんよりと曇っていた、山の方は寒そうだし雨が降る確率も高そうだ。
d0106812_14352038.jpg

353号は暫しの間大きなダンプに前方を阻まれ大人しく走行をする。
d0106812_14345753.jpg

適当にばらけて走行、SLのSさんと一緒に走る。
夏のラリー最終日、エンジンを危うく焼き付かせる所だったSL。
腰上をバラしてみた所ピストンリングが破損、さらに固着していたそうな。
再度組み直しての参加であるが今回が初めての走行との事で不安因子がつきまとう、さらにバッテリーの劣化からか信号待ちの度にエンスト「バッテリー新しいのにしてくれば良かったなぁ、、、、、、。」
d0106812_1446389.jpg

車が少なくなると快適な走行が楽しめる、小さなKawasakiは白煙とオイルの臭いを残して鋭く加速して行く。
d0106812_14482490.jpg

途中のコンビニで一旦休憩。
だんだん寒くなってくる、もっと厚着をしてくるべきだったと後悔する。
d0106812_14505990.jpg

気合いの入った改造がされたMさんのカブ。
d0106812_14523469.jpg
どこがどうなっているのか?
d0106812_1532567.jpg
2ストはまだ体験した事がないのだが、AR80はとても魅力的なバイクだった。
Sさんも「欲しいなぁ、、、」
キャストホイールはエンケイ製、さらにKawasakiのロゴがちゃんと入っている!
d0106812_14561282.jpg

この先しばらく給油所がないとの事で先に出発してスタンドへ向かった。
すぐ先に有るとの事だったが、スタンドはたっぷりと数キロ先にあった。
d0106812_1545258.jpg
DAXはサイドに装着された携行缶を満タンにしてもトータルで数リッターしか入らない。
給油後そのままI藤さんと先を目指し、空っ風街道の入り口で後続組を待つ。


空っ風街道を出て353号渋川を経由して33号。
上毛三山パノラマ街道、ぼちぼち紅葉が見られる様になる。
d0106812_15222753.jpg

峠道をかなりのペースでSさんと一緒に走る。
途中で新見晴台でバイクを止めて登って来た道を眺めると、下の方からバイクがやって来る音が響き渡っていた、さらに圧倒的に大きなその音の正体は、間違いなくMさんのスーパーカブだった、、、、
d0106812_153244100.jpg
d0106812_15325428.jpg
d0106812_1533351.jpg
峠を登ってくるバイク達。
見晴台からの眺め、正面に何故か1本大きな木がそびえている。
d0106812_15343827.jpg
ご覧の様な天気、何時雨が来てもおかしくない、さらに気温は14度、体感温度はさらに低い!
d0106812_15411894.jpg
途中から霧がたちはじめる、ここのところツーリングと言えば必ず霧が出て来る様な、、、、。
榛名湖に到着、湖は真っ白な霧に覆われていた。
d0106812_1541499.jpg

気温が低くいうえにかなり気合いを入れて走ったので、まだ昼前というのにも関わらずどっと疲れてしまう。
d0106812_1545350.jpg
d0106812_15451585.jpg
昼食は湖畔の食堂にて。
榛名うどんを食した。
冷えた身体に温かいうどんは最高である。
[PR]

by arata350 | 2009-10-20 16:05 | CB90
2009年 10月 18日

市区町村ナンバーツーリング

d0106812_22533262.jpg

参加の皆様、お疲れさまでした!
ツーレポは後ほど、、、、、。
[PR]

by arata350 | 2009-10-18 22:42 | グルッポRS
2009年 10月 06日

小淵沢へ

夏の間展示されていた母の石彫を回収するため、山梨県小淵沢にあるリゾナーレに向かった。
多趣味な母が小淵沢に共同の作業場を持つアーティスト達と一緒になって石彫制作を始めたのは、5年程前になるだろうか?
一生懸命何かをやっているのは知っていたのだが、作品がリゾナーレに展示されているとは知らなかった。
アーティストの集団が拠点にしているのは「白の家」という古民家で、まさに先週訪ねた星降る里を彷彿とさせる様な場所であった。
小淵沢は撮影では良く来る場所だけど、次は是非バイクで!と思いつつもなかなか実現出来ていない。
この辺りに週末だけ来る様な生活もなかなか素敵だと思う。
d0106812_14354241.jpg

こちらも至る所に蕎麦の花が咲いていて、既に花が実になっている物もあった。
d0106812_14391496.jpg

この日は前日とは打って変わり、朝から良く晴れてぐんぐんと気温が上がった。
d0106812_1444755.jpg
d0106812_15194523.jpg

早朝から布団を抜け出して辺りを散策してみる。
ひんやりとした空気が心地良い。
d0106812_1447735.jpg

朝食を済ませてリゾナーレへ向かった、白の家からはクルマで5分程。
ユニックで石彫を積み込む作業は慎重に行われる。
まだあまり人のいない時間帯。
リゾナーレもかなり?貫禄?が出て来たか、、、、、。
d0106812_1450233.jpg
ハロウィンであちこちにカボチャが置いてあった。
リゾナーレからの石彫移動作業は午前中に終了。
ボスであるY氏が近所の足に使っているHONDAジャイロに乗ってちょっと遊ぶ。
手伝いに来ているのか?邪魔しに来ているのか?次回は自分のバイクで、
d0106812_1458184.jpg
のどかな風景。
Y氏の愛犬、トラ。
今はネコに夢中だが、以前は徹底した犬派だった。
時々また犬を飼いたくなる、ネコ三匹の中に犬が一匹混じっていたら面白いだろうなぁ、と何時も思うのだ。
年齢を重ねた犬はなんともいえない表情をする、そしてその瞳の奥にとてつもない知性を感じる事が出来る。
d0106812_15204019.jpg

リゾナーレで積んだ石彫は白の家からすぐの所にある作業場に運ばれる。
作業場は広大な敷地に機材を仕舞う倉庫があって、てんでに作業が出来る様になった場所だ。
ここではぬかるみにはまり立ち往生したフォークリフトを復旧する作業が待っていた。
フォークリフトのタイヤは長年の使用によってスリックタイヤになっていて、ぬかるんだ土と湿った草の上ではどんなにがんばってもどうにもならない状態だった。
全員で悪戦苦闘してぬかるみから脱出する事に成功したが、石彫を移動するより大仕事だったなぁと皆さん笑っていた。
母のブログにはその模様が画像で載っている。
高速道路が1000円になってからの渋滞に初めて遭遇した。
談合坂から子仏トンネルまで約20キロの渋滞、空を見上げると中秋の名月が煌煌と光っていた。
d0106812_15134369.jpg

[PR]

by arata350 | 2009-10-06 16:58 | 雑記
2009年 10月 02日

お年頃、

猫の成長は早い物です。
昨年の暮れ運命の出逢いをした綿帽子にさかりが始まりました。
普通の猫は年に数回のさかりがあるそうですが、家猫の場合照明器具等で体内時計が狂い、頻繁にさかりがきてしまうそうです。
動物の去勢、考え方は色々あると思うのですが、やはり家ネコにするからにはそれなりにネコの一生に責任を持つべきだと僕は思っています。
したくても出来ない、というのは動物にとってもかなりのストレスになるのだとか。
さて向かったのは東大の竜岡門を出てすぐの所にある本郷獣医です。
スミレもワクチンの注射で連れて行きましたが、借りて来たネコの様にとは良く言った物で、スミレは診察の間ずっとカチコチになっていました。
綿帽子は三日間入院。
退院して別の生き物がやって来たかと思いました。
それは他のネコ達も一緒で、アグリもスミレも退院した綿帽子を見て暫くの間かなり気がたっていたようです。
d0106812_11415175.jpg

d0106812_12224359.jpg
「気になる、、」
[PR]

by arata350 | 2009-10-02 11:43 | 綿帽子日記