<   2010年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

残念!

月一のお楽しみ、中止に、、、、。
さらにマラソンの交通規制で東京から出れず!?
また一ヶ月、仕事がんばりましょう。
d0106812_1252343.jpg

それにしても雨の日が弱いカブです。
エンストしまくり、さらに昨日オイルをyaccoから純正に変えたのですが、yaccoの方がやっぱり良いです。
旧いバイク程、yaccoの良さが体感出来ると思います。
ちょい高いですが、yacco454試してみてください。
[PR]

by arata350 | 2010-02-28 12:51 | グルッポRS
2010年 02月 27日

明日は、

朝から雨かなぁ〜。
d0106812_22513010.jpg

石岡までがきつそうです。
前回石岡の時は、間に合わなくて高速に乗ってしまった。
[PR]

by arata350 | 2010-02-27 22:55 | 画像の山から
2010年 02月 26日

昼下がり

猫草を買いに根津神社の近くにある花屋さんへ向かった。
今日も暖かい陽気で少々の薄着でも十分快適、春が近づいているのを実感する。
いつもとは違う道を歩いてみた。
この界隈はどこにでもあるのだけれど、細い路地を見ながら歩くのが楽しい。
d0106812_20362422.jpg

一体どんな人がどんな生活をしているのだろうか?
CD125はカブの次に良く見かけるバイクだ、働くバイク。
d0106812_20364810.jpg

ちょっと道をそれると、時間が止まったような場所に出くわす。
d0106812_20372247.jpg
ここは以前何かの工場だったはず、いつの間にか、廃墟になりつつあった。
そこから暫く歩いて、目的の花屋さんは忍不通り沿いにある。
そこで猫草を一鉢買って帰ることにした。
途中、もうかれこれ5年になるだろうか、ずっと放置されているドリーム50を近くで見てみる事にした。
d0106812_2027715.jpg
ナンバーは東京のはずれになっている、保険は19年の4月に切れているから、間違いなくそれ以降は動かされていない。
雨さらしでところどころに錆が出始めている。
昔、これの限定カラーバージョンに乗っていたので普通の銀赤には特に思い入れはないのだが、なんとも勿体ない。
僕もある場所にCB50を4年程放置していたけれど、察するにこのオーナーはもうこのアパートには住んでいないのだろう。
置き場所がないと、バイクは本当にしんどい存在になってしまう。
結局放置状態が続く。
安いバイクではないのに、考え方は人それぞれだが、僕にはこの放置状態が理解出来ない。
帰宅して猫草を置くと、真っ先に綿帽子が食べにきた。
長毛猫にとって猫草はとても必要なものなのだ。
d0106812_1701351.jpg

そしてその後は熟睡。
d0106812_1111020.jpg

夕飯は麻婆豆腐を作った。
近所の八百屋へ買い物に行くと、遠くの方からタダモノではない排気音が近づいてくるのがわかった。
クルマか?バイクか?微妙な所、スーパーセヴンかな?と思って待っていたら、なんとアグスタ750Sだった!
走っているのは始めて見た、あっという間に目の前を走り去って行ったが、明らかに年季の入ったその車体は、オーナーがバイクを飾り物にするのではなくきちんと乗る人、である事を物語っていた。

風切り音が惜しいけど、いい音だなぁ〜。
[PR]

by arata350 | 2010-02-26 11:52 | 画像の山から
2010年 02月 25日

モトグッチ ヌォーバファルコーネ

d0106812_2295232.jpg
もうずいぶん前になりますが、SNSの方に画像を載せたバイクです。
軍用モトグッチ、1968年のバイクです。
ほとんど新品に近いような状態でした。
d0106812_2303413.jpg
排気量は500ccですが独特な形状をしたマフラーから出る音はなんとも牧歌的で、まるで農耕機を思わせます。
d0106812_231957.jpg
巨大なカブのエンジンといったところでしょうか。
フライホイールがむき出しになっていて、ベーコンスライサーなる呼び方があるそう。
これが回転する様はなんとも機械的で見ていて飽きません。
実際はプラスチックのカバーが付いているようですが、このバイクはパッセンジャーシートも外されていて軽快になっています。
エンジンはキック一発で目を覚まし、噂に聞いていた超低回転のアイドリングはなるほど、そう簡単にはエンストしそうにありません。
村山さんのご好意でちょっと乗せてもらいましたが、シフトミスっていきなりエンストさせてしまいました。
普段は小さなバイクばかりなので流石に大きく重く感じるバイクではありますが、電送は12V、排気量もそこそこあるし、なにより軍用ですから安心して乗れるバイクでしょう。
d0106812_2314947.jpg
メーターはヴェリア。
大きいのが真ん中にドーンと鎮座しています、走行距離はご覧の通り。
フロントフェンダー、リアフェンダーには空気圧の指定が表示されています。
d0106812_2332140.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-02-25 14:07 | 画像の山から
2010年 02月 24日

暖かくなってきました。

暖かい日が続いています。
そろそろ花粉の人はしんどい季節ですね。
僕はまだ花粉症ではありませんが、そのうちなるのでしょうか?
今日は天気もよいので?CB90のネタを少し。
このCB90は1970年式のバイクで、デラックスというタイプのものです。
現在はリアキャリアを外しています、この方がカッコいいですね。
d0106812_12342111.jpg
標準と並べると色々違いがわかるのですが、例えば標準はタコメーターが付いていなかったり、サイドカバーのエンブレムがステッカーになっていたりとコストダウンがはかられていますが、デラックスはその辺りが違います。
シートもサイドのモールが、標準では付いていなかったように思います。
さらにフレームが外装と同色、なかなか洒落ています。
もう3年前になりますがヤフオクで6万円で買いました。
何回か出品が繰り返されていましたが、最後の方には6万で良いから誰か買ってください、というコメントが付いていました。
余程売りたかったのでしょう。
そのコメントを見てすぐさま連絡をし、我が家にやってきたのです。
それから色々紆余曲折あって現在125のエンジンがのっかっていますが、とにかく良く走るバイクです。
バイクを操る楽しさや、自分でバイクをいじる事の楽しさを教えてくれるバイクです。
バイクいじりに関しては最高の教材とも言えるでしょう。
これからグルッポの参加を想定して、さてバイクは何にしようか?と検討されている方がいらっしゃるとしたら、迷わずCB125を勧めたいと思います。
それも後々あまり手を入れる事を考えず、お金をかけないようにするならば1975年製のJXが良いのではないでしょうか?
75年式であれば、そのままグルッポのあらゆるイベントに参加出来ますし、なによりも丈夫なバイクですから、2000キロに及ぶラリーにも十分?参加出来ます。(あっ、ちょっと気力が必要か、、、。)
購入後エンジンのコンディションがわるかったりすればそれなりに手を入れなければいけないし、さらに機械式のディスクブレーキは制動に不安があったりしますが、とにかく外車の旧車や、国産の2気筒以上のバイクを修理したりする費用の事を思えばコストパフォーマンスは最高だと思います。
ルックスの良いCB90を買って、必要に応じてエンジンボアアップしたり、載せ変えたりするという手もあります。
CBに限った話をしてしまいましたが、CL90、SL90も素敵なバイクです。
昨年から僕のCBはオイルが漏れるようになったのですが、最近はシリンダーの間からもオイルが滲んでくるようになりました。
d0106812_12485959.jpg

ぼちぼちガスケット類を交換する必要がありそうですが、このエンジンのオーバーホールは後回しにして、これも昨年から準備をしていたXLエンジンに載せ変えてみようと思っています。
今年もラリーはこのバイクで参加しようと思っているので、あちこちメンテナンスする必要がありそうです。
d0106812_1541739.jpg
一つとても気になっているのが、フレームの歪み?
フレームが歪んでいるのか、リアフェンダーが歪んでいるのか?チェーンラインを出すとどうもタイヤがどちらかに寄ってしまいます。
フレームだと嫌だなぁ、、、、。
[PR]

by arata350 | 2010-02-24 15:08 | 画像の山から
2010年 02月 23日

姉の家のネコ

d0106812_22171775.jpg


箱に入れられて捨てられていた猫。
もの凄く大きくなって、近所では知らない人はいないらしい。
駐車場に置いてあるかごの中から、
ジッとこちらを伺っている。
[PR]

by arata350 | 2010-02-23 22:17
2010年 02月 22日

さて、いよいよ週末は!

第282回ラウンドツーリングが行われます。
詳細は以下の通りっ!
9:00 JR常磐線 石岡駅
10:30 JR水戸線 笠間駅
13:00 レストハウスつかもと(作家館)(栃木県益子町)
15:00 道の駅「さかい」(茨城県境町)

天気は今の所曇り、さてどうなるでしょうか?
d0106812_15243547.jpg
    
東京マラソンに参加のヨネシンさん、頑張れ!
[PR]

by arata350 | 2010-02-22 00:07 | グルッポRS
2010年 02月 21日

鈴鹿サーキット

鈴鹿に来ております。
もう5年位撮っているASM横浜のS2000。
このクルマ、NAエンジン最速のタイムを持っているクルマで、いつも注目の的になっています。
d0106812_113090.jpg


今日は天気が良かったのですが、雲一つない青空で朝からかなり冷え込みました。
鈴鹿サーキットは2年ぶりですが、本日は色々なカテゴリーの走行会があって、仕事の合間をぬって他のピットへふらふらと、、、、。
目的は旧車!
エスはエスでも旧いエス達。
お宝の山です!
d0106812_145650.jpg

d0106812_151738.jpg
d0106812_171018.jpg
d0106812_172295.jpg
d0106812_174888.jpg
素晴らしいコンディションに溜息が出ます。
一度にこんなにたくさんのエスを見れるとはラッキーでした。
d0106812_1111782.jpg
VANのスタジャン、もはや正装?ぬかりありません。
d0106812_1145315.jpg
d0106812_1164128.jpg
こんなカフェレーサールックも最高です。
d0106812_1172434.jpg
とにかく絵になるクルマです。
画処理でナンバー消しておりますが、、、オーナーの皆さん考える事は一緒の様で、ほとんどが600番か800番でした。
それからこんなクルマも!
d0106812_1185974.jpg
d0106812_1243831.jpg
良いですね〜。
確か、始めてDOHCを搭載したクルマだったはず。
d0106812_1374849.jpg
運転席シンプルです。お尻が暖まりそうなレイアウトです。
どんな走りをするのか?楽しみにしていたのですが、丁度走行が始まった時に昼食中で見る事が出来ませんでした〜、残念!
でも、こちらのエス達は見る事が出来ました。
結構速くて驚きました。
d0106812_1311173.jpg
d0106812_1313577.jpg

他シビックRSやS360?等等
d0106812_1304775.jpg
d0106812_1414178.jpg

そしておまけがこちらのバイク、ホンダスーパーカブC105T。
オーナの方が押して行くのを見つけてすぐ飛んで行ってじっくり見せていただきました。
d0106812_1295654.jpg
d0106812_1301274.jpg
いやぁ〜良い目の保養になりました。
快くお話を聞かせてくださったオーナーの皆様、ありがとうございました!
さてASMのS2000の走行は如何に?
詳しくはこちらに後日アップされる予定です。
d0106812_136245.jpg

現行のエスもついに生産が終わりました。
次はどんなスポーツカーが出てくるのでしょうか?
そしてそのクルマは、我々を興奮させてくれるようなモノなのでしょうか?
[PR]

by arata350 | 2010-02-21 02:22 | 画像の山から
2010年 02月 12日

シングル用のラフランコニー

d0106812_18142980.jpg
昨年ヤフオクで落札した。
シングル用のラフランコニーはフランス仕様のMK−3に付いていたもの。
ミックウォーカーの本にはこれと同じものが付いたMK−3の写真が出ている。
d0106812_2263914.jpg

出品者は同時にタンクとリアショックを出品していた。
もしかしてエンジンも持っているのかなぁ〜とそれとなく聞いてみると、持っているけれど出品は考えていないとの返答だった。
フランス仕様に関しては御存知の方は多いと思うが、排気量が239ccでエンジンのカムやらピストンの形が違ったり、キャブが大きいものが付いていたりと色々と変更がされている。
まぁそれが良いかどうかと問われれば、たいした事ではないのかもしれないけれど、このラフランコニーはずっと欲しかったので見つけた時はなんとしても落札しようと思っていた。
結局ほとんどノーチェックで数千円で落札。
形が形だし、見向きもされなかったと思われる。
さて届いたマフラーはそれなりの状態であったが、マフラーの先端の方に補助のステーが付いて、さらにエキパイとの取り付け径が38ミリ、まぎれもなくシングル用のラフランコニーだった。
以前ツイン用のものを付けていたのだが、あまりにもマフラーが重くてステーが折れてしまった。
音が気に入っていたので残念だったがそれから外してしまった。
d0106812_18152158.jpg
シングル用はステーが溶接されていて頑丈そうだ、それからやはり補助のステーが頼もしい。
このステーが後ろから見るとなんだか物々しくて良い感じである。
d0106812_18145676.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-02-12 23:19 | MK−3
2010年 02月 11日

2009年の暮れに、その2

d0106812_2253798.jpg
とりあえず完成したヘッドを持ち帰り、すぐに組み付けてみる。
d0106812_22533475.jpg
潰れたOリングも新品に交換。
ここも液体ガスケットを塗ってからにすると良い。
ヘッドを載せて4本のボルトを慎重に締め込んでいく、トルクレンチは必須であるが持っていないので勘でやることにする。
これは絶対にやらない方がいいと思う。
ヘッドを取り付けて慎重にキックを踏んでみると、、、、????
キックが途中までしか降りない!
どうやらピストンが燃焼室に当たっているようだ。
さてどうしたものか、、、。
村山さんに連絡するとシリンダーと腰下の間にガスケットを挟んでみてはとアドバイスを受けたのだが、それは一旦シリンダーを外すしてピストンを抜くことになる訳で、ピストンリング折れたらかなり痛いぞ〜と言われ。
しかしこのままでは走れない訳で、悩んだ挙げ句に元のヘッドに戻すことにした。
結局組み付けたベベルギアを外して元に戻すことに。
ベベルギアの遊びを見ていただくために、またもやシルバーストーンさんを訪ねた。
そういえばこっちのタペットクリアランスどうなってたんだっけ?とカバーを外してみると、タペットクリアランスほとんど0であった。
あ〜これじゃ高回転回らないよ!ということでシムを削っていただいてクリアランスを調整、とりあえずこれで様子を見て!とのことで元に戻ったヘッドを持って帰り再度組み付け。
はぁ〜、書いてるだけでもしんどい。
キックしてエンジン始動、早速走ってみる。
結果リミッターがかかったような強制的なパワーダウンは無くなった、が、やはり6000回転がピークでそれ以上回すとなるとかなり頑張る必要が有る。
その状態で正月3日の体験走行に参加した。
その後村山さんにアドバイスを頂いて、コンチより抜けの悪いマフラーにしてみたり色々やってみたのだが、今の所問題解決に至っていない。
走行中の状態を如何にうまく村山さんに伝えるのか?その辺りが難しい。
例えばサーキット走行の際、マシンのコンディションを的確に伝えられるライダーと優秀なメカニックが一緒なら、バイクはどんどん速くなって行くそうである。
う〜む、僕はまだまだ的確に状況を伝えられない、、、、。
[PR]

by arata350 | 2010-02-11 00:20 | MK−3