<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 27日

原因はどこに?

先週やっと6vコイルを購入して、長らく放置状態にしてしまったMK-3を再始動すべく作業に取りかかった。
コイルはどこのメーカーであるかわからないが、日野にあるアールプロで入手。
d0106812_9131022.jpg

昨年の丁度同じくらいの時季にポイント点火に変更してから約1万キロ程使用したのだが、耐久性に疑問がある。
電装部品は見えない部分であるからいつ不調になるかは予測は出来ず、コイルやコンデンサーは予備部品を揃えておきたい所。
まずはキックをしてプラグに火が飛んでいるかのチェックをする。
やはり火花は飛んでいない、タンクとシートを外して作業開始。
新しいコイルと交換、難しい作業ではないがコイルのプラスとマイナスは間違えない様に気をつけたい。
外したついでに接点を紙ヤスリ等で磨いて接点復活材を塗布してやる。
交換完了して、久々にエンジン始動と思いきや、一体どうした事かエンジンが掛かる気配がない。
MK-3はとても調子の良いバイクでいつもキック一発でエンジンが掛かるのだが、、、。
プラグを外して確認すると、火が飛んでいない。
結線を確認するがどこも間違っていない。
あり得ないとは思いながらも、コンデンサーも交換してみたが状況変わらず、どうやら別の所に原因がありそうだ。
そうなってみるともしかしたらコイルが原因じゃなかったかも、と思いつつポイントカバーを開けてみると。
d0106812_914214.jpg

先ず目についたのがどこから浸入したのかオイルが、、、、。
さらにポイントからコイルにのびるラインの接点が錆びてる!
試しに接点復活材を一吹きすると火が飛ぶ様になった。
先日のCBの事もあって一旦ポイントをばらす事にする。
d0106812_928102.jpg

ポイントベースを外すと内部にもオイルがたまっていた。
これは内部のシールを交換する必要がありそうだ。
ポイントは細かい部品で構成されるので、良く注意してメンテナンスしたい。
ちなみにメンテナンス中に新しく始まった相棒シーズン9に夢中になってしまったため、一個ワッシャーを紛失してしまった。
画像に写っている、ガスケットの様なワッシャーも組み付け順があるので注意。
ポイント面はオイルストーンで磨いて、フェルトにもグリースを塗り込んで組み直し。
とりあえずエンジンは始動したのだが、原因はどこにあったのだろうか?
[PR]

by arata350 | 2010-10-27 01:45 | MK−3
2010年 10月 26日

EUレポート No2

シルバーストーン村山さんから届いた画像です。
VSCC(ビンテージスポーツカークラブ)のイベントにて、興味深いクルマ達。
画像をお楽しみください。
d0106812_23163681.jpg

d0106812_23162214.jpg

d0106812_23155123.jpg

d0106812_23154215.jpg

d0106812_23152810.jpg

d0106812_2315148.jpg

d0106812_2315122.jpg

d0106812_23144614.jpg

d0106812_23142095.jpg
 
d0106812_2314976.jpg
 
d0106812_23135782.jpg
  
d0106812_23134468.jpg
 
d0106812_23132994.jpg
 
d0106812_23131215.jpg
 
d0106812_23124898.jpg
 
d0106812_23123386.jpg
 
d0106812_23122028.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-10-26 00:02 | 画像の山から
2010年 10月 25日

第290回ラウンドツーリング コース変更

雑誌の方をご覧になった方はお気づきだと思いますが、変更前のコースが当方の勘違いによって掲載されてしまいました。
紙媒体の方は既に修正が利く状況ではなく、また雑誌の方をみてラウンドに参加される方も多くいらっしゃるので再度コースの変更をさせて頂きたいと思います。
本来ならば雑誌に掲載されたコースそのままを走るべきですが、やはり時季的に道路の混雑が予想されます。
以下のコースを10月31日、日曜日のコースとさせて頂きますので、ネットをご覧の参加者の方はお間違えの無い様よろしくお願いします。
またネット環境がなく雑誌をご覧になってラウンドに参加されている方を御存知の方は、コース変更の件をお伝えくださると幸いです。

10月31日 日曜日 第290回ラウンドツーリング 

0830 日光線 鹿沼駅
0930 日光線 日光駅
1100 東荒川ダム親水公園
1330 ロマンチック村
1500 真岡鐵道 益子駅

千葉方面に変更したコースを再度栃木方面に戻します、さらに日光駅以後のコースを変更しています。
[PR]

by arata350 | 2010-10-25 01:15 | グルッポRS
2010年 10月 19日

第11回 市区町村ナンバーツーリング

d0106812_13504520.jpg

レポートは→こちらをクリック

d0106812_1755743.jpg
画像クリックすると拡大出来ます
[PR]

by arata350 | 2010-10-19 15:56 | グルッポRS
2010年 10月 14日

ちょっと整備3

いよいよ今週末に控えた市区町村ツーリング、整備の仕上げとして連休にまとまった距離を走る事にする。
自賠責取ってからは日常の足としてちょこちょこ走り回っているのだが、長距離になると思わぬトラブルが出てきたりする。
そしてそれは夜間走行中に発生した。
それまで快調に走っていたのだが、自宅迄20キロという所で突然ライトが切れ、おおっ!と思った瞬間にウインカー残してすべての灯火類が切れてしまった。
間もなくエンジンもストップしてしまう。
エンジン載せ替え後の電装トラブルは初めてだったので、流石に焦った。
さらに少し前から気になっていたリアホイールのブレがやたらと顕著になっていた。
とても快調だったのに、なんでだよ〜と叫びたくなる衝動をを押さえあちこち点検してみると、バッテリーにつながる赤いラインが腐食して外れていた。
とても嫌な感じのトラブルだったのだが、それを見て少しほっとする。
手持ちの工具でラインをつないでとりあえず復帰するが、無灯火のままひいひい言いながらなんとか帰宅する。
すぐにCさんに事の次第をメールで伝え、翌日ハーネス類の点検とハーネスの制作方法のアドバイスを頂いた。
流石にハーネスの制作は敷居が高い様に思ったがいずれは作り直す必要がある、どうしようかと思っていたら以前CB90のジャンクパーツを買った際にメインハーネスもあったような気がして、探してみる事にした。
あった、しかも黙視ではそれほど程度は悪そうでない。
このジャンクパーツ、ゴミみたいだけど本当に助かっている。
メインハーネスの交換もそれなりに敷居が高そうだ、しかしこれをやらねば始まらないので覚悟を決めて交換作業に掛かる、ちと大げさだが、、、。
d0106812_118671.jpg
しかしまぁこの状態を見ると尻込みしてしまう人がほとんどではなかろうか?
実際には純正のメインハーネスはきちんと線が色分けされているので、特に迷う事なく1時間程で作業が完了した。
ちなみに僕は後ろの方からハーネスを交換して行った。
接点という接点は紙ヤスリで軽く磨き、さらに接点復活材を塗布。
やや難関と思われたのがライトケースにメインハーネスを突っ込む所だったが、コツがわかるとそう難しい事ではない。
d0106812_1175549.jpg
今ちょっと心配なのがコイルの予備がない事。
早めに入手したい所だが、ヤフオクでもこのコイルはなかなか出てこなくなった。
d0106812_1173679.jpg

今回Cさんからのアドバイスでカプラーの中の接点をメンテナンスする事というのがあって、これは返しの付いた端子を外す工具がいるのだが、その制作方法も教えていただいて挑戦した。
カプラーの中の端子はそれほど腐食していた訳ではないのだが、ペーパーを掛けて接点復活材を塗布して元通りつないだ。
テスターを繋いで確認すると、アイドリング時約6.3V、アクセルを開けていくと7V〜8Vまできちんと上昇する。
実はこれも前から気になっていたのだが、以前はテスターの針が全く振れなかったので、バッテリーがチャージされていない事がはっきりした。
ジェネレーターが死んでいたらまた厄介だなぁと思っていたので一安心。
カプラーの中はついつい大丈夫だろうと思ってしまいがちだが、きちんとメンテナンスする必要がある。
d0106812_1634148.jpg
後輪のブレはエンジンを固定するナットの脱落が原因であった。
一体いつ落ちたのか?
画像を確認すると9月30日の時点では、まだナットは付いている。
ついでに他のボルトを増し締めすると、他のボルトも僅かに緩んでいた。
さて灯火類を元通りにして再度テスト走行を200キロ程。
とりあえず問題なし、コイルがパンクする迄どこ迄も走れそうだ。
週末天気が怪しいが、こちらも何とかなってくれるはず、、、。
このCBは昨年の3月にメーターが24582キロの時にエンジン載せ変え、現在35883キロ。
ややオイル漏れしているがホントにタフなエンジンである。
[PR]

by arata350 | 2010-10-14 23:32 | CB90
2010年 10月 12日

EUレポート

シルバーストーン村山さんからのお便り。
沢山の画像を送っていただきました。
"ドイツのホッケンハイムサーキットのクラシックイベントにRC174-6 MV500-3 Benelli-4の3台を持ち込んで参加してきました。
レースではないので、のんびりしたイベントでした。"
海外のクラシックイベント、いつかは行って見たいイベントが沢山あります。
d0106812_0291271.jpg
d0106812_0290100.jpg
d0106812_0375137.jpg
d0106812_0284024.jpg
d0106812_0282960.jpg
d0106812_0281694.jpg
d0106812_028270.jpg
d0106812_0275076.jpg
d0106812_0274036.jpg
d0106812_0271559.jpg
d0106812_0265595.jpg
d0106812_0264092.jpg
d0106812_026218.jpg
d0106812_0261163.jpg
d0106812_0255054.jpg
d0106812_0253729.jpg
d0106812_0252252.jpg
d0106812_025128.jpg
d0106812_0245871.jpg
d0106812_0242776.jpg
d0106812_0241325.jpg
d0106812_0235639.jpg
d0106812_0233916.jpg
d0106812_0232734.jpg
d0106812_0231490.jpg

[PR]

by arata350 | 2010-10-12 11:30 | 画像の山から
2010年 10月 09日

イタリア車だけの部品交換会

10日(日曜日)に予定されていたイタリア車だけの部品交換会を天候不順のため10月11日(月曜日)に延期とします。

急な変更で、明日の参加を予定されていた方には申し訳ありませんが、開始時刻はそのまま日程の変更お間違えのないよう参加してください。
d0106812_12575657.jpg

10月11日 月曜日 13:00開始 グルッポクラブハウス(千葉県成田市)にて 
[PR]

by arata350 | 2010-10-09 13:16 | グルッポRS
2010年 10月 02日

ちょっと整備2

さて今回の整備ネタでポイントの画像を見たCさんからアドバイスを頂いた。
CさんはラリーでCB125にドリームタンクを載せたバイクで参戦されている方で、CB125ではいつも色々なアドバイスをくださる。
ポイントの状態があまりにも酷かったので、先ずは外してカム面の錆び落とし、それからフェルトはしっかりと洗浄してグリスを塗り込むようにとアドバイスを頂いた。
今日は夕方迄時間があったので早速整備の続きをする。
先ずはポイントベースを外すと中はこんな有様。
これは酷い!
d0106812_16532519.jpg

赤錆のようなものが全体を覆っている。
ガバナーを外して状態を確認。
カム面はサンドペーパーで面研する。
d0106812_16492644.jpg

面研後、決して充分な仕上がりではない。
本来は番手を変えて奇麗に仕上げたい所。
全体をCRCで洗浄して錆を落とした。
d0106812_165935100.jpg

ポイントベースのフェルトを外して灯油で洗浄。
d0106812_1701382.jpg
奇麗になったフェルトにグリスを塗り込んで油分を補給する。
d0106812_1702570.jpg

今日は都民の日、小学校が休みらしく姉貴の3番目の生意気な娘が朝から静かな我家に奇襲を掛けてくる。
私もやりたいというのでねじ回しを貸す。
d0106812_16494545.jpg

その後ポイントギャップを調整するが、7000回転での咳き込みはギャップをコンマ4にすることで解消されるよとこちらもCさんにアドバイスを頂いていたので調整。
こんなもんかな〜と適当にギャップを取っていたのだが、工具箱の中からシクネスゲージが出てきたのであててみると、まぁ感覚というのはいい加減なものである。
ちなみにコンマ3だった。
早速乗ってみると、いやぁ〜調子のいい事!
やはり自分で整備するのは面白い。
[PR]

by arata350 | 2010-10-02 10:19 | CB90