黄色いドカと青いドカ YELLOW DESMO and MK-3

arata350.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 01日

フラッシング、そして、、、、。

白煙対策にあれこれ検索していたら、ゾイルという添加剤に行き着いた。
金属の表面をある程度修正出来る添加剤だそうで、オイル上がりにも効果があるそう。
バイクに添加剤というのはかなり抵抗があるが、クラッチ滑りも起こさないとの事でちょっと試してみる事にした。
ホームページにはフラッシングも出ていたのでそれも購入。
オイル交換前にフラッシングする事にした。
さて、CB90にはドカシングルと同じ様にネット状のオイルフィルターが付いている。
この指サックのようなフィルターはエンジンの左サイドについているのだが、24ミリの六角レンチが必要だ。
d0106812_8414264.jpg
d0106812_8415218.jpg

このレンチ車載工具の中にちゃんと入っている!
しかし固着していてびくともしない。
大きなモンキーレンチでじわりと力を加えると難なく外れた。
オイル500キロも走行していないのにこの汚れである。
d0106812_842333.jpg

東京効果?
フラッシング材を投入して15分走行。
排出したオイルもこの汚れ。
d0106812_8424128.jpg

さて、ここで痛恨の大ミスをやらかしてしまう。
オイルフィルターの蓋を閉め込む時にネジを舐めてしまった。
取合えず3分の2は閉め込めるのだが、これはかなり深刻である。
次のオイル交換時になんとか修正したいが、きちんとやるとしたらエンジン降ろしたりしないと駄目だろうなぁ?
取合えず、新しいフィルターキャップも入手せねばならないし、一体いくらかかるだろう?
[PR]

by ARATA350 | 2007-06-01 08:46 | CB90


<< zoilの効果は?      タイヤ交換 >>